ビブラートのかけ方!簡単にビブラートをかけるための3つのステップ

誰しも一度は憧れるビブラート

自由自在にかけられたら気持ちいいんだろうな〜

……大丈夫!ビブラートは練習すれば誰でもかけられます!

 

こんにちは^^

本日はビブラートのかけ方についてです。

 

ビブラートのかけ方って結構混乱してしまうジャンルの一つで、

「人によって言うことが違う!」

と言うことがよく起こります^^;

 

なので!

このサイトのタイトルでもある「どこよりもわかりやすい」という部分を全面に押し出してご紹介したいと思います!

 

ビブラートをかけるための3つのステップをご紹介しますので、ぜひチャレンジしてみてください。

ビブラートって難しいと思いがちですが、感覚の良い方だとやり方をお伝えしたその瞬間にできてしまう方もいるくらいです。

 

そんなに難しいと思わずに、気軽にチャレンジしてみてくださいね^^

 

気持ちよくビブラートをかけてみましょう~♪

 

 

ビブラートの基本

 

ビブラートとは、という部分をこの記事を読んでいただいている方にご説明する必要はあまりないかもしれませんが、案外知らない部分があるので、先に簡単にご紹介します^^

 

ビブラートの種類

 

ビブラートには種類があります。

ちょっとアーティストさんを数人想像してみてください。

できれば、実際に聴いてみるとわかりやすいですが、どうでしょう? 結構皆さんビブラートの感じが違いませんか?

 

そう、これがビブラートの種類です。

 

すごくザックリ分けるとこんな感じに分けられます。

 

波の細かくて、早いビブラート

 

このビブラートは、チリメンビブラートなんて呼ばれたりします。

喉仏を細かく揺らしたりしてかけるのですが、その為、結構喉に負担をかけてしまいます。

ビジュアル系バンドの方はこのビブラートを使う方が多い印象です

 

 

音程の上下でかけるビブラート

 

例えばドと言う音程を出す時……

ド〜〜〜と出しながら、

ド〜〜〜ド♯〜ド〜ド♯〜ド

 

という感じです。

 

うん、分かりにくいですね^^;

大丈夫!今はこんな種類があるんだー、くらいで良いです。

やり方は簡単にご紹介しますので、ご安心を!

 

 

音の強弱でかけるビブラート

 

声を出しながら、声の大きさをかえます。

こうすることによって、波を作ります。

 

と、3つご紹介しましたが、こういった種類のビブラートを混ぜて使ったりします。

例えば、音程を上下させながら、大きさも変える、と言った感じです。

この2つを混ぜると、すごくダイナミックで波の大きいビブラートになります。

 

 

……おいおい、何が簡単に説明だ!言ってることわけわからないぞ( ゚Д゚)!!

 

いえいえ、ここまではこんな種類があるんだな~、くらいに思っていただければいいです。

ここからが本番ですよ!!

 


スポンサーリンク

 

 

ビブラートをかける3つのステップ

 

では、実際にビブラートをやってみましょう!

これからご紹介する3つのステップを1つずつやってみてくださいね^^

 

ステップ1、ろうそくの火を消してみよう

 

あ、実際にろうそくの火を消すわけではありませんよ

少し想像しながらやってみてください。

 

では、あなたの目の前にろうそくがあると思ってください。

そのろうそくの火を、フ~~っと息をはいて消してみます!

 

フ~~~~~

 

はい、OK。その時、しっかりお腹を意識して腹式呼吸で息をはいてくださいね^^

 

そしたら、次は、ろうそくがたくさん立ってるイメージで、何度も息をはいて全部消してください!

 

フ~、フ~、フ~、フ~、フ~、

 

はいOK!素晴らしい、ナイスブレス!

これでステップ1は終わりです、次に行きましょう!

 

ステップ2、息をつなげてみよう

 

さぁ、次のステップです。

これも簡単です!

 

ステップ1で、息をフ~、フ~、フ~、フ~、とはきましたね?

ステップ2はこのフ~、という息をつなげてみてください!

 

今までは、フ~、フ~、フ~、と1回ずつ切れていたと思いますが、今度はフ~フ~フ~フ~フ~と、切らずにつなげてみてください

腹式呼吸のブレスという部分は変わりませんよ!

さぁ、どうぞー!

 

 

フ~フ~フ~フ~フ~フ~

 

・・・

・・

 

OK!素晴らしい!

これでステップ2は終わり!

さぁ次が最後です!

 

 

ステップ3、息を声に変えてみよう

 

さぁ、最後です!

これができればビブラートの基本はできますよ!

 

ステップ3は、ステップ2ではいた息に声を乗せるだけ!

 

ステップ2ではいた息……

フ~フ~フ~フ~フ~フ~フ~

 

この、今までは息の音だけだったものを声にします。

つまり声にすると……

 

フゥウゥウゥウゥウゥ~

 

という感じになります!

さぁ、やってみてください!

 

・・・

・・

 

フゥウゥウゥウゥウゥ~

 

どうですか?波になってませんか?

これを「あ」という声に変えれば、

 

あぁあぁあぁあぁあぁ~

 

と、言葉を変えても波になると思います。

これがビブラートの基本ステップです!

 

 

実践するためには

 

どうでしたでしょうか?

波を作ることはできましたか?

 

残念ながらあなたの声を私は聞くことができないので、想像なのですが、おそらく波がゆっくりで、とてもこんなんじゃ使えないよ!っていう状態の方が多いんじゃないでしょうか?

 

それでOKです!

あくまで、さっきのステップは基本系なのです!

 

後は、その波を安定してかけられ、そして波を早くかけられるようになれればかなり立派なビブラートになります!

 

なので、さっきの3ステップで、

「ビブラートってこうやってかけるんだな~」

という基本を覚えていただいた後、

その基本を自在にコントロールできるようにトレーニングしてください!

 

正解というわけではないんですが、1秒間に6回の波を打つビブラートが一番きれいという説があります。

そういったものもコントロールして調節できればバッチリですね^^

 


スポンサーリンク

 

本日はビブラートのかけ方についてご紹介しました。

なかなか文字だけではわかりにくい部分もあったかと思います。

もし何かご質問があれば、遠慮なくコメントくださいね^^

可能な限り返答させていただきますよ!

 

 

コメントを残す




CAPTCHA