高音を楽に出す方法!たったこれだけでガラっと変わる、裏技紹介!

高音発声をする際になかなかうまくいかない

高い声を出すと喉が痛い

キレイに高い声が出ない

そんなあなたにはぜひこの方法を試してほしい!!


スポンサーリンク

 

こんにちは^^

本日はボイトレ中の数多くの人の高い壁、高音発声についてです。

今日ご紹介する方法は、意識をすれば誰でもできます。

それほど簡単な方法です!

 

しかし!人によっては効果抜群!

これだけで長年の悩みが解決しちゃう人もいます。

 

本日の記事を読んでいただければ、高音発声が楽になるかもしれませんよ!!

 

 

キーワードは「歯」!

 

 

高音発声に欠かせないもの

 

高音発声をする上でどうしても避けて通れないものがあります。

それは……喉を開けるということ!

 

具体的に言うと、口を開けて、見える舌の奥の部分ですね^^

この部分です

 

この部分が狭くなってしまうと、高い声を出すことはたちまち難しくなってしまいます。

逆に言えば……この部分がしっかり広く保てれば、高音発声はかなり楽になります!

 

 

喉を開くという感覚は……

 

喉を開くと言葉では良く聞きますし、どういう事かは大体わかるかと思いますが……

 

「で、どうやってそこを開くのさ( ゚Д゚)?」

 

というところで躓いてしまいます。

よく言われる感覚としては、

 

・あくびをする瞬間の喉の状態

・頭を縦に伸ばしたような感覚

 

など言われます。

あくびをする瞬間というのは比較的わかりやすいのですが、頭を縦に伸ばすとかは、もう正直どうしたらいいかわからないですよね^^;

 

ただ、いろんな感覚のイメージは言われますが、狙っている結果は大体同じです。

要は、「喉を開いた状態でキープしたい」という事です!

 

なので、この喉を開く感覚をより簡単で具体的につかめればいいという事です!

 

お、だんだん今日の記事の趣旨がわかってきましたね^^

 

そうです、今日ご紹介する裏技といったものは、喉を開くためのイメージを簡単につかむためのものです!!

 

秘伝!「上の前歯を見せて声を出す!」

 

では、今日の本題です。

高音を発声するときに、「上の前歯を見せるように」声を出してみましょう!

 

さぁ、鏡の前に行ってやってみましょう!

大丈夫、だれも見ていないので、少し表情が面白くなっても自分が少し楽しくなるだけですよ!

 

何かあなたの好きな歌を歌ってみましょうか。

さぁ、どうぞ♪

 

・・・

・・

 

高音でつらくなる部分はありますか?

そしたら、今度はこの秘伝を使ってみましょう!

上の前歯をしっかり出すようにして歌ってみてください!

さぁ、どうぞ~♪

 

・・・

・・

 

どうでしょう?

高音がスコーンと出ましたか?

さらにいうと、声自体が明るい響きになったかと思います^^

 

この発声方法はとっても簡単で、効果が出やすいです。

少し問題になるとすれば、慣れるまで少し恥ずかしいというくらいですね^^;

 


スポンサーリンク

 

喉の奥が開く感覚

 

はい、またしても喉の奥のお話に戻りました。

この上の前歯を見せるように声を出すというのは、何をしているかというと、要は先ほどご紹介していた「喉を開ける」ということをやっているんです。

 

細かい原理は置いておいて、この上の前歯を見せるように口を開けると、喉が開きやすくなります。

あくびをする前とか、頭を縦に伸ばす感覚、とかより数倍わかりやすい方法じゃないでしょうか?

 

上の前歯を見せればいいだけですからね^^

ぜひ、この発声方法で、喉を開けるという感覚を覚えてしまってくださいね!

 


スポンサーリンク

 

本日は、高音発声の裏技として、上の前歯を見せる、ということをご紹介しました。

実は高音発声と限定してご紹介をしていましたが、この喉を開ける感覚ができると、高音だけではなく、低音域でも効果を発揮します。

とても楽に声が響くようになってくるのです^^

 

ぜひ、喉を開ける感覚を掴んで、気持ちよく声を出せるようになってくださいね^^

 

 

 

コメントを残す




CAPTCHA