高音発声の極意!この部分を意識をするだけでミックスできる!

高音発声を練習する際、大きな壁としてよく出てくるのが、ミックスとかブレイクとかの裏声と地声の間の部分

この部分さえ上手くいけばガンガン歌えるのに!

そんなあなたにお伝えしたい、高音発声の極意!

 


スポンサーリンク

 

本日ご紹介するのは高音発声の時に意識してほしい一つのことです。

裏声と地声を混ぜるためには色々な技術や意識が必要ではあるのですが、結構簡単かつ効果的な方法が一つあります。

ぜひこの方法を試していただき、高音をガンガン歌てみてください!

 

上手く混ざって気持ちいい高音を~♪

 

声を当てる場所

いきなり結論なのですが、本日ご紹介したい一つの事は「声を当てる場所」です

細かいことはおいておいて、この声を当てる場所をしっかり定める事によって、地声と裏声が混ざりやすくなります!

 

さて、少しイメージしてみてください。

普段歌う際、特に高音で歌う際にどこに声を当てていますか?

・・・

・・

喉の上? 喉チンコのあたり? 口の方?

当てている場所といったって、どこかわからないよ! という方もいらっしゃるかもしれません^^

この声を当てる場所をピンポイントで当てて、さらにそこにとどめるという事が地声と裏声を混ぜるコツになります!

 

おすすめの場所

おすすめのあてる場所をご紹介します!

その場所は~

ここです!

この喉チンコの裏あたりに声をあて続けるイメージです!

さらに綺麗に混ぜるコツは、高音から低くなっていっても当てる場所は変えないこと」です!

個人差はあるのですが、ミックスのトレーニングの際は裏声から下げていって混ぜるほうが比較的上手くいきやすいです。

その際、上のド(hiC)から下げていくとだんだん当てている場所も下がってきてしまいがちです。

そうすると裏声と地声のミックスが上手くいかず、急に地声に変化したり、情けない声が出てしまったりして、うまくミックスできないという状態になってしまいます。

そこで! 高音から下げてきても、本日ご紹介させていただいた、喉チンコの裏あたりに「当て続ける」という意識をしていただくことで、筋肉バランスが上手くいってミックスが上手くいきやすいです!

 


スポンサーリンク

 

いかがだったでしょうか?

本日は声を当てる場所、そしてその場所に当て続けるという方法のご紹介でした!

地声と裏声が上手く混ざるためには、地声の筋肉と裏声の筋肉がバランスよく動くことが必須です。

しかし、この声を出すための筋肉はどれを動かそうとか、どうやって動かそうと考えて動くものではないです。

そのため、発声練習はイメージを使うことが多いです^^

今回の「あてる場所」というものもイメージの力が強いですが、「この場所に当て続けるんだ!」と考えてやってみるだけなので、比較的簡単なんじゃないかと思います。

そしてこの方法は上手くいくととっても効果的です!

ぜひ、試してみてくださいね!!

 


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA