気持ちが伝わる歌声の発声方法!伝わらない歌声は〇〇がNG

伝わる歌声を出したい!

でもどうやったら伝わるかよくわからない!

簡単に伝わる歌声の出し方が知りたい!


スポンサーリンク

本日は伝わる声の出し方、伝わる歌い方のご紹介です!

この伝わる歌声にするためには、さまざまな方法あるのですが、本日はその中でも決定的に伝わる歌声と伝わらない歌声を分けてしまうあるものをご紹介します。

簡単にできる内容なので、ぜひ最後までお付き合いいただいて、試してみてくださいね!

 

伝わると嬉しいですよね~♬

 

伝わる歌声と伝わらない歌声の違い

伝わる歌声と伝わらない歌声の決定的な違いって何でしょうか?

コレは実は至ってシンプルです。

それは、聞いている人に気持ちが届くか届かないか!

伝わらない歌声は、聞いている人に気持ちが届いていないのです。

では、どうやったら、気持ちが相手に届く歌声になるのか……

それは……

 


スポンサーリンク

 

ブレス(息)

歌声で非常に大事なものは何といってもブレス(息)です

歌声だけでなくても、声というものは、息がなければ出ません。

息の使い方で声量も変わりますし、音色も変わっています。

そう、表現がうまい方は息の使い方がすっごくうまいんです!

では、実際どうやって使うと、伝わる歌声になってくるのか……

それは「語尾までブレスを流す」ということです。

表現がうまく相手に伝わらない方は、息の使い方で失敗してしまうパターンが多いです。

そして、一番多い失敗は、「ブレスが語尾ですぐ切れてしまう問題」です!

例えば……

ゆうや~~け こやけ~~の あかと~ん~ぼ~♪

と、歌う際、最後の「ぼ」ですぐに息が切れてしまうんです。どうなるかというと…

ゆうや~~け こやけ~~の あかと~ん~ぼっ

こんな感じです。

文字ですと少しわかりにくいでしょうか^^;

この最後の言葉、この言葉をすぐに切ってしまうと、表現が相手に伝わりません

なので…

ゆうや~~け こやけ~~の あかと~ん~ぼ~~♪

と、ブレスを最後までしっかりながしましょう!

これだけで、あなたの歌声は、相手に伝わるものになっていきます!

息を最後まで流すだけですので、意識をすればすぐにできると思います。

ぜひ、試してみてくださいね!

 

季節の変わり目はしっかりケアを!

 


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA