楽な高い声「抜けた声」をだすための効果的なトレーニング方法

高音を発声するときにどうしても力が入る……

高音がうまく抜けない……

力みすぎて声がすぐに枯れてしまう……

そんなあなたにオススメのトレーニングは……フクロウのモノマネです!


スポンサーリンク

高音発声をする上で避けては通れない「力の入れすぎ」という問題

この力の入れすぎ問題は、その問題を解決するだけで声の出方がガラっと変わり、すご~く声が出やすくなってくれます。

本日はそんな「抜けた声」をだすための効果的なトレーニングを1つご紹介します。

このトレーニングは日常どこでも行うことができるお手軽なトレーニングですのでぜひ試してみてください!

では、さっそく行ってみましょう!

 

抜けた声のコツはフクロウ?

 

抜けた声って何?

まずは抜けた声というものについて簡単にご紹介します

「抜けた」と呼んでいるのはいろいろな理由があります。

・力の抜けた声

・息が抜けた声

・響きが抜けた声 等々…

このように、いろいろ抜けることで、しっかりした声なのに楽な声が出せるようになります。(バランスは大事ですが)

こういった声をまるっと含めて「抜けた声」とこのサイトでは読んでいます。

逆にのど回りの筋肉をぎゅっと使い過ぎてしまい、抜けない声を「詰まった声」なんて表現をしたりします

声が気持ちよく抜けるときの感覚は、のどを声がスコーンと頭のほうに抜けるような感覚もあることから、こういった呼び方をする方も多くいらっしゃいますね^^

 

抜けた声で高音が楽に

この抜けた声によって、高音発声が圧倒的に楽になります。

もし、普段高音をガンガンに力んで出しているとしたら、この抜ける感覚を覚えると普段と全くの別世界にになりますので、「えっ?こんな簡単に出るの?」と驚くことでしょう^^

抜けた声のコツは、

 

・過剰な力みをとること

・喉を閉めないこと

・響き(共鳴)をしっかり使える場所を覚えること

 

です。

大まかですが、この3つができてくると「抜けた声」というものを実感できると思います!

では、この声を覚えるための効果的なトレーニングをさっそく行ってみましょう!

 


スポンサーリンク

 

動物モノマネシリーズ「フクロウ」

え?急に何を言っているかって? いえいえ、間違ってはいませんよ!

歌声の発声練習のなかにはこういった動物の発声をまねることで実感できるトレーニングが多くあるんです。

本日ご紹介するのはその中でもよくつかわれる「フクロウ発声」です!

さっそくやってみましょう^^

 

まずは音程は気にしなくてもいいので、フクロウのモノマネをしてみましょう!

「ほー、ほー、ほー」

そうです、すばらしい!

できることならもっと恥じらいを捨ててなりきってみましょう^^

 

では、この時、口の型はしっかり「お」の形にします。あ、ただ力みはほどほどしてくださいね

そして、しっかり息をはきだしながら、「ほー、ほー」と声にしてみます

・・・

・・

どうですか、自然と喉の奥が開いている感じになりませんか?

ではそのまま、今度は息を喉チンコの裏あたり、つまり上に向かって息を流すつもりで「ホー、ホー」とやってみてください

ホーホー

・・・

・・

OK!

では最後です。

今度はそのまま声を裏声にしてみましょう!

なるべく高い声を出してみましょうね!

ただ、今までやったように、力みは入れず、息をしっかりだして、ホーと声を出します

そして、その裏声が出たら、出したままだんだん音程を低くしていきます

 

まとめです!

 

①「お」の口の形のまま、息をしっかりはきながらホーとフクロウの鳴き声をまねる

②そのまま一番高い声を出してみる。ホーホー

③一番高いホーを出したまま、だんだん低くしていく。

はい、OKです!

このトレーニングは、抜けた声を出したまま、地声と裏声の間、つまりブレイクポイントを渡る練習です。よくミックスボイスとか呼ばれるやつですね^^

この出し方を何度も練習して、うまく出せるようになったら、そのまま歌ってみるとものすごく実感できると思います!

ぜひ、試してみてくださいね^^

 

声を出したらケアも忘れずに!

おすすめケア商品ランキング

 


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA