共鳴腔を自在に使うコツをつかむ!声を出さないボイトレ法

共鳴腔を使って様々な声を出す

それはわかったけど、実際どうやってトレーニングをしたらいいかわからない

さらに大きい声を出すと、近所からクレームが…

そんなときは、この声をださないボイトレを試してみてほしい!


スポンサーリンク

3大共鳴腔である、咽頭共鳴腔口腔共鳴腔鼻腔共鳴腔を自在に使えるようになると、いろんな音色の声をガンガン出すことができます。

高い声も、力強い声も、優しい声も、この共鳴腔の使い方が最も大事といっても間違いではありません!

では、共鳴腔を自在に使うトレーニングはどうしたらいいの?

本日はそんなお悩みを解決するべく、効果的なトレーニング方法を1つご紹介します!

この共鳴腔を使い分けるにはいろいろなトレーニング方法があるのですが、本日ご紹介するのはその中でも、いつでもどこでもできる「声を出さないボイトレ」シリーズから、声を出さない共鳴腔の使い方トレーニングです!

……なんだか少し長い名前ですが、内容はお墨付きですよ!

では、さっそく行ってみましょう!

 

声は出さなくても共鳴腔の使い方はトレーニングできるんです!

 

共鳴腔を使うためにどうしたらいい?

共鳴腔をしっかり使うために必要なものは「ブレス(息)」と「過剰な力みをとること」です。

過剰な力みをとって、共鳴腔をしっかり広くして、そこにブレスを流すように使うことで、その使いたい共鳴腔をより振動させることができます。

特に咽頭共鳴腔はすべてつながる共鳴腔なので、しっかり広くできることがとても重要になってきます。

本日ご紹介するトレーニングは、そんな咽頭共鳴腔を開け、その上でブレスを流すというトレーニングです!

 

ブレスを流すトレーニング

さぁ、本題です!

さっそくやっていましょう!

まずは、咽頭を軽く開けましょう!もし咽頭の開け方がわからないかたは、こちらのトレーニングを参考にしてみてください。

では、まずはそのまま口から息をはいてみましょう!

ふ~~~~

・・・

・・

OKです、おそらく口から息がまっすぐ前に出たんじゃないでしょうか?

実はこの出し方がすでに口腔共鳴腔の使い方になっています!

簡単ですよね^^

試しにその息をはいたまま、声を出してみましょうか?

「あ~~~~~~」

 

ではその息の使い方のまま何か歌ってみましょう!

そうですね、かえるの歌とかにしましょうか

「か~え~る~の~う~た~が~……」

 

・・・はい、OKです!

どうですか?いつもと違う響きになりましたか?それともいつもと同じような響きだったでしょうか?

この響きがいつもと違う方は、口腔共鳴腔を普段あまり使われていないかもしれませんし、いつもと同じような響きび感じられるかたは、口腔共鳴腔が強めの方かもしれませんね^^

 

では、次です!なんとなく次にやることはわかりますね?

そう、次は、息をはくときに鼻の方に流します

息をすって~~

息を鼻の方に流して、鼻から息をはいてみましょう

んふ~~~~~~

 

OK!これが、鼻腔共鳴腔を使うときの息です

これに声をのせてみましょう!

「んあ~~~~~」

・・・

・・

OKです!

これで口腔共鳴腔と鼻腔共鳴腔の使い方はマスターしましたね!

・・・

・・

ん?なんだかどっちも歌声に使えなさそうですか?

さすがですね!そうなんです、今の息と声は、口腔共鳴腔や鼻腔共鳴腔をかなり強く使っているため、音としても、かなり特徴的な音になっているかと思います。

なので、この使う配分をコントロールしていくことが必要になってくるわけですね!

そこで、このブレスを流すトレーニングを行います!

 


スポンサーリンク

 

鼻から口へ、口から鼻へ

さぁ、本当の本題はこのトレーニングです!

さっき、鼻から息を出したり、口から息を出したりしましたよね?

あれをつなげてみましょう!

 

①口から息をはきます

②口から息はいたまま、だんだん鼻の方に息を流していきます

③最後は鼻の方だけになります

これは口から鼻へのブレス移行ですね^^

この逆も行います。つまり、鼻から息を流し始め、だんだん口の方に移動していきます

この2つのトレーニングの主旨は、共鳴腔に自在にブレスを流せるようになること、そしてその量をコントロールできるようになることです。

自在にコントロールできることで、さまざまな声を出せるようになります!

試しに、このブレストレーニングを声を出しながらやってみてください

きっと、その声の変化に驚くことでしょう!

 


スポンサーリンク

 

いかがだったでしょうか?

ぜひ、声を出せないようなときでもトレーニングをして、自在に共鳴腔を使えるようになってくださいね!

 

 

 

 

コメントを残す




CAPTCHA