優しい歌声の出し方!鼻に息を流して鼻腔共鳴を使ってみよう

すきとおるようなきれいな歌声

心に染み入るような歌声

あんなきれいな歌声が出せたらいいのにな~

そんなお悩みの方は…鼻をうまく使えると透き通った歌声はすぐそこですよ!


スポンサーリンク

本日はすきとおったきれいな歌声の出し方です。

歌声にもいろいろな種類ありますが、今とても人気がある歌声はこの透き通るような美しい歌声ですね^^

アーティストの方でいうと3代目さんや秦基弘さんなど、とてもきれいな歌声ですよね。ほかにもきれいな響かせ方をされるアーティストさんたちは今大人気ですね

こういったきれいな歌声をだしたいんだけどどうやってだすの?

といったお悩みはとても多いです。

そこで、本日はきれいな歌声を出すうえでとても有効な、鼻を使った声の出し方をご紹介します。

この記事を読んでいただければ、あなたが望む美しい声に近づけるはずです!

 

透き通るような美声を~♬

 

鼻を使う声、鼻腔共鳴

鼻腔共鳴というものをご存知でしょうか?

以前こちらの記事でも詳しくお伝えしております。ご興味があればぜひ^^

簡単にご紹介しますと、鼻腔共鳴というのは、鼻の奥を響かせることです。この鼻の奥を響かせることで、とてもきれいな響きの声を出すことができます。

この響きを出せる場所を共鳴腔(きょうめいくう)と呼ぶのですが、ほかにも使える共鳴腔があります。

そしてこの共鳴腔の使い方によって声色が変わったりもします。

咽頭共鳴腔口腔共鳴腔についてはよろしければ過去記事をご覧ください

 

美しい声を出すための鼻腔共鳴腔の使い方

鼻腔共鳴腔は美しい声を出すのにとても重要なポイントですが、この共鳴腔の使い方によっても声色は変わってきます。

そこで、今回本題の「美しい声」を出すためには、この鼻腔を使いながら、「息を流す」という声の出し方が重要になってきます。

では、さっそくやってみましょうか!

まずは鼻息を「んふー」と出してみましょう

まだ声は出さなくていいので、鼻息だけ出してみましょうね^^

・・・

・・

OK!

では、こんどはその鼻息に声をのせてみしょう!

鼻息を出すときに、声が少し出てしまったぐらいでOKです。

どうぞ~

・・・

・・

OK!

さぁ、もうここまでできればできたようなものですよ!

次はその鼻息に乗った声を「裏声」にしてみましょう!

鼻息をだしながら、裏声をのせるだけです!

・・・

・・

すばらしい!

では、最後です!

その裏声をだしながら、少しづつ地声に向けて音を低くしていきます

あくまで、鼻息に乗せる感覚ですよ!

裏声の高いところから、少しづつ低くしていきます!

・・・

・・

上手くいきましたか?

もしかすると高いところから低くしていく途中で声がブレてしまうかもしれません。

これはブレイクとかブリッジとかと呼ばれる、裏声と地声の間の部分のことを言います。この部分で声がガクっと変わらないようになるまで、何度も今見たいに高いところから低いところに向かって行き来してみてください。

コツとしては、鼻の奥にずっと息を当て続けているイメージで声を出すと比較的うまくいきやすいです!

イメージとしてはこのあたりに声をぶつけるイメージを持つとうまくいきやすいですね^^

 


スポンサーリンク

 

どうだったでしょうか?

鼻息に声を乗せるというイメージで少し声を出していただきました。

上手くいけば、いつもより柔らかい、透き通った声が出ているかと思います。

この声を出しながら、少しづつ鼻息と声のバランスを整えていければ、あなたの理想としている声に近づいていくはずです!

ぜひ試してみてくださいね^^

 

 


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA