ミックスボイス、ミドルボイスを出すために必要な3つの要素!

「高い歌ををガンガン声出してロックに歌いたいんです( ゚Д゚)!」

「でも高い声を思いっきり出すとすぐに喉が痛くなっちゃって……どうしたらいいですか?」

こんなお悩みを先日伺いました。

高い声をガンガン出して歌う姿はかっこいいですよね!

 


スポンサーリンク

 

しかーし! 高い声を頑張って出してしまうと喉が痛くなってしまうし、声もすぐに枯れてしまいます。

こんな時、高い声を強く響く声にする技術があります。

それが、「ミックスボイスやミドルボイス」と呼ばれる声です。

 

本日はこの「高い声を楽に出す」という誰もが気になるであろう内容をご紹介したいと思います^^

今回の記事は先日ご紹介したこちらの記事を前提に書いています

ミックスボイスとかミドルボイスってなに?この2つは何が違うの?

 

もしよかったら、そちらの記事から読んでみてくださいね^^

 

 

ロックにやりすぎると声が枯れちゃうのでご注意^^;

 

 

ミックスボイスとかミドルボイスって?

 

早速わかりにくい単語ですよね、「ミックスボイス・ミドルボイス」

実はこの呼び方なんですが……すっっごく混乱を呼んでいる呼び方です。

おそらく、グーグルさんやヤフーさんで「ミックスボイス」とか「ミドルボイス」と検索すると、半端ないヒット数になるかと思います。

しかもですね、内容ですが、書いている人によって言っていることが違います^^;

詳しくは上でご紹介した前回の記事でご紹介していますのでよかったら読んでみてください^^

 

まぁ簡単に言ってしまうとですね、違いなんてないと思っていたほうが簡単です(笑)

なので、「高い音域を、喉に負担をそこまでかけず、地声っぽく聞こえる声」くらいの認識で大丈夫!

ようするに高い声をコントロールするためには必要な技術という事です!

(この後、この2つは同じものとしてミックスボイスと表記します)

 

ミックスボイスを出すために必要な3つとは

 

まず、最初に大切なことをお伝えします!

この部分をクリアしないとミックスボイスはキレイに出ません!

ミックスボイスを出すためには……

 

①裏声がきれいに出せること

②喉が無理なく開けられること

③必要な部分のみに力を入れること

 

この3つがとっても大事です。

逆に言えば、この3つがある程度できていれば、結構あっさり出たりします^^

では、詳しく見ていきましょう!

 

裏声がキレイにだせること

 

ミックスボイスは感覚の話でいえば、地声と裏声が混ざった両方のいいとこどりをしたような声です。

つまり、この良いとこどりをするためには、地声・裏声、どちらの声も、その声の良いところを発声できなければいけないというわけです!

 

つまり、地声はいいとしても、裏声が上手く出せない場合、きれいなミックスボイスは残念ながら出せないのです。

 

裏声も、リラックスした心地よい声を出せてからでないと、残念ながらミックスの習得は遠のいてしまいます。

 

喉が無理なく開けられること

以前の記事で喉を開けるという事をご紹介しました

喉を開く、開けるって何?喉を楽な状態で気持ち良い声をだそう!

 

高い音を発声しようとすると、人間の身体の構造上、喉が閉まってしまう動きをしようとしてしまいます。

しかし! ここである程度のリラックスをしたまましっかり喉を開けることが必要になってきます。

無駄な力みを入れず、リラックスしたまま喉を開くことが重要ですよ!

 


スポンサーリンク

 

必要な部分のみに力を入れること

 

最後はこの必要な部分のみに力を入れるという事です

 

結構勘違いをされてしまうことがあるためあえてこのような書き方をしたのですが、

「力を抜く」という事を間違ってとらえてしまう方が結構いらっしゃいます^^;

 

発声をするうえで、「力を抜く」「リラックス」というのは必須技能なのですが、

力を抜きすぎては声がでません!

 

発声というのは筋肉運動です。

まるで力を入れないまま声が出るという事はありえないのです^^

 

ミックスボイスを出すときも、当然力が入るべき場所には力が入ります!

しかし、力が入ってしまう事を力んでしまったと勘違いしてやめてしまう方もいます!

なので、「必要な部分には最低限力は入る」と覚えておいてください^^

 

「じゃあどんな時が力みすぎで、どんな時が良い時なのさ( ゚Д゚)!!」

 

一つの基準は、声を出していて喉が痛いか痛くないかです。

誤った力の入れ方のまま発声すると、必ず声帯に負担がかかり発声が上手くいきません。

結果、喉が詰まるような感じがして、喉が痛く、声が枯れてきてしまうのです。

 

声を出していて喉がイガイガして痛いなと思ったら、その発声はあまり良い発声ではないな~と思っていただければいいかと思いますよ^^

 


スポンサーリンク

 

本日は高い声、ミックスボイスやミドルボイスを出すために必要なことをお伝えしました^^

この分野はですね、わかりやすく書いているつもりが、なかなか伝わりにくかったりするときがあります^^;

もし、何かあればコメント等でご質問いただければ、可能な限りお応えします^^

コメントを残す




CAPTCHA