ミックスボイス発声のコツは喉チンコの裏にあり!

裏声?地声?

ミックスボイスが上手く出せない……

結局ミックスってどうしたらいいのさぁぁぁぁぁ!!


スポンサーリンク

 

こんにちは!

本日はミックスボイスのコツを一つご紹介したいと思います!

ミックスボイスとかミドルボイスは色んな方法、いろんな考え方があって、調べれば調べるほどわからなくなるというとんでもないクセもの発声法です^^;

今日はなるべくわかりやすく! このブログのタイトルの通りどこよりもわかりやすく! ミックスボイスのコツの一つをご紹介したいと思います。

この記事を読み終わるころにはミックスボイスのコツをつかんでいる……はず!!

 

気持ちよく声を出すためのコツは……

 

ミックスボイスを簡単におさらい

ミックスボイスというものは、いろんなサイトを見られた方や何人かのボイストレーナーに習ったことがある方ならお分かりかと思いますが、言っている内容が違うときがあります。

「ミックスボイスは裏声だ!」

「ミックスボイスは地声だ!」

「いやいや、ミックスボイスはどっちでもないんだ!」

などなど、様々な言い方をされます。

で、お前はどうなんだ(゚д゚)!

となるかと思いますので、私の見解をお伝えするとですね……

「人によって感覚が違うのでどっちでもいい」

です。

・・・

・・

いや、ふざけているわけではないんですよ^^;

この裏声とか地声とかって、いわば感覚の要素が強いです。

例えば、あるプロのアーティストの歌声を聴いて、1人は地声というかもしれませんし、1人は裏声で歌っているというかもしれません。

そして歌っている本人も、地声感覚で歌っている人もいれば、裏声感覚で歌っている人もいます。

つまり、声や声帯は目に見える部分ではないので、「確かなことはわからない」のです。

なので! ミックスは地声!とか、裏声!といった決めつけは混乱をさせたり、自分の感覚を制限してしまったりするので、あまりおすすめできないと思っています。

理想は、「結果地声の感覚だった」「結果裏声の感覚だった」と、色々やってみて出た後に考えればいいというわけですね^^

 


スポンサーリンク

 

ミックスボイスのコツは喉チンコの裏

さて本題です。

ミックスボイスを出すときのコツ……それは「喉チンコの裏に声を当て続ける!」という事です。

ただ当てるのではなく、「当て続ける」という事が大事ですよ!

ちょっとやってみましょう!

①一番低い声or一番高い声を出しましょう。これはどっちでもいいです。あなたの得意な方、好きな方から出していきましょう

②低いほうを出した方はそのままだんだん高く、高いほうから出した方はだんだん低くしていって、地声と裏声の切り替わりポイントを探ってください(声が上手くつながらずひっくり返ったりする場所が必ずあります)

③切り替わりポイントがわかったら、そのポイントをスムーズに渡れるようにもう一度声を出していきます。さっきと同じように高いほうからでも低いほうからでも構いません

④このとき! 上あごを上にあげるイメージで喉チンコの裏あたりを広くあけて、その場所に声を当て続けるつもりで出していきましょう

⑤低い音でも高い音でも当てる場所は喉チンコの裏あたりです!ゆっくり声を高くしたり低くしたりしてみてください!

以上です!

どうだったでしょうか? 地声と裏声の切り替わりは最初にやったときとどのようにかわったでしょうか?

このスムーズに切り替わっていく声が、いわゆるミックスと呼ばれるものです!

ぜひ、このコツを練習してみてくださいね!

 


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA