声量、ロングトーンに肺活量は必要?いいえ、そんなにいりません!

声量がガンガンでる!

ロングトーンが長く続く!

あの人は肺活量がすごいんだろうな~

でも実は……肺活量ってそんなに必要ないんですよ!


スポンサーリンク

 

本日は「肺活量」のお話です

声量がある人や、ロングトーンが長く持つ人をみると、「あの人肺活量がすごいんだろうな~」と感じられる方もいらっしゃるんじゃないかと思います。

実際「肺活量が必要ですか?」というご質問は多く、悩まれている方も多い印象です。

でも実は、大きな声、響く声、ロングトーンにそんなに肺活量って関係ないんですよ!

本日は、そんは肺活量と声の関係のお話です。

これを読んでいただければ肺活量に悩まずに大きな声やロングトーンが出るようになるかもしれない!

 

 

大きな声と響く声は違う

最初に大きな声と響く声の違いについてご紹介です。

と、いうのも、単純に大きな声というものが響くと限らず、息をがっつり使って出す声は響きではなく単純に音の大きな声になってしまうことがあるのです。

ただ単純に音の大きな声は、いわば「騒音」的に感じられてしまいます。そのため、大きな声と響く声は別と考えていただいたほうがいいです。

ではその違いは何かというと……響く声は「共鳴」をしっかり使っている声です。

息をがっつり使った声は共鳴を無視して、単純に声帯に息を思いっきりぶつけた音になりがちです。そうなると響きというよりただ大きい、聞いていてきつい声、怒声のような声になってしまうかもしれません。

そのため、しっかり響いた声量のある声は息の量が多ければいいというものではないのです。

さらに、逆にいってしまうと、出す息の量を少なくしたほうがしっかり共鳴できます!

これは、楽器をイメージしてもらうとわかりやすいです。

例えば笛を吹くとき、思いっきり息を吹くと大きな音は出ますが、音が割れたような、美しい音色とは真逆な音が出てくると思います。

しっかりバランスを保って、響くように吹くことで、音量も出ますし、美しい響きも得ることができます^^

 


スポンサーリンク

 

ロングトーンは息をなるべく使わない

上の共鳴でもお伝えしましたが、ロングトーンも同じことが言え、あまり息を使わないようにして出すことによって、長く持つようなロングトーンが可能になります。

おそらくどんな肺活量が多い方でも、息を思いっきりはいてしまったら、すぐに息はなくなってしまうと思います

つまり、なるべく息をはきすぎず、sっかり共鳴させて出すことで、長いロングトーンが可能になるということですね!

 

肺活量が必要なのではなく使い方を覚える!

もしあなたが、大きな声を出したい、ロングトーンを長くしたいとお考えであれば、「肺活量を増やす」というトレーニングではなく、しっかり共鳴させた発声方法、息の省エネ運転の仕方など、「使い方」を覚えることをお勧めします!

日常生活を送っていて困らないくらいの肺活量があれば、歌を歌う上でなんの支障もないと思います。

逆に使い方がうまくいかないと、すぐにブレスを取らなければいけなくなってしまったりと、なかなか歌を歌う上でデメリットが多いです

また、共鳴がうまくいっていないと、心地よい歌声は出にくくなってしまいます。

そのため、共鳴、息の使い方、こういったものを覚えるトレーニングをすることが、結果肺活量があるように「見える」歌を歌うことができるコツということですね!

 


スポンサーリンク

 

コメントを残す




CAPTCHA