共鳴腔って何?響き・音色、共鳴腔が使えればすべて上手くいく?

共鳴腔って聞いたことありますか?

少しなじみにない単語かもしれません。

しかしこの共鳴腔を自在に操れれば、あなたの声は驚くほど変わるんです!!

 


スポンサーリンク

 

こんにちは!tokoroです^^

本日は、「共鳴腔」という少し専門的な雰囲気のあるものをご紹介します。

 

「うーん、なんかめんどくさそうだから( ゚Д゚)……」

 

あ、まだ戻るボタンは押さないで!!

大丈夫です!このサイトの半分は優しさでできています!小難しいことはかっ飛ばして、わかりやすくご紹介しますよ!!

それに……響く歌声や様々な音色の歌声を手に入れるためには、この共鳴腔の使い方を知ることがかなりの早道です!

今日はどんなものかということをサラッとお伝えするので、ぜひ読んでみてください^^

 

 

歌声は共鳴腔で決まると言っても言いすぎじゃないよ♪

 

 

共鳴腔って何?

 

まず、この共鳴腔ってやつが何なのかのご説明です^^

楽器を想像していただくとわかりやすいので……そうですね、子供の頃おそらくみんな使ったであろう、リコーダーを想像してください。

こういうやつです。

 

で、このリコーダー、中は空洞になっていますよね?

こういう空洞が人間の身体にもあります。

それを「共鳴腔」と呼んでいるんです^^

 

今のところは、

あー、人間の身体の中にも笛の空洞みたいなやつがあるのね、了解。

くらいで良いですよ^^

 

共鳴腔は人間の身体のどこにあるの?

 

身体のどこにあるかをざっくりご紹介しますね^^

それは……

こんな感じです。

 

この画像は横向きの人です。

つまり共鳴腔の場所は……

「口」(口腔共鳴腔)

「鼻」(鼻腔共鳴腔)

「喉の奥」(咽頭共鳴腔)

この3つあると覚えていただければいいです。

(厳密に言えばあと2つあるのですが、とりあえずはこの3つと覚えていただければ大丈夫です)

 

共鳴腔というのは、空洞です

リコーダーの中の空洞のように、人間の喉から上の部分には3つの空洞があるわけですね^^

 

共鳴腔ってなんで大事なの?

 

共鳴腔が大事な意味をお伝えしますね^^

これはわかりやすくお伝えすると、2つ重要な部分があります

 

響き

 

またリコーダーに戻ります。

これです。

 

このリコーダーって、中が空洞だから音が出るんです。

例えばこのリコーダーの中にティッシュとか、布とか、まぁ何でもいいのですが、詰めてしまったら……思いっきり吹いても良い音は出ないのです!

 

つまり、きれいな音を出すためには、

「空洞を上手く振動させて音にする」

という事をやっているんです!

 

少しわかりにくいですか^^;

では、もう一つ楽器を想像してみてください

 

太鼓です。

 

この太鼓、すっごく大きな音が出ますが、太鼓の中って空洞ですよね?

この空洞がなければ、あんなドーン!って大きい音が出せないんです。

つまり、この太鼓の中の空洞が、人間でいう共鳴腔というわけです。

 

このように、響く音を出すためには、共鳴腔は必須なのです!

 


スポンサーリンク

 

音色

 

続いて音色です。

音色というのは、明るい声、暗い声、さわやかな声、ダンディな声、渋い声などなど……

上げていくとキリがないのですが、この音色も共鳴腔がものすごく関係してきます。

 

もはや何度もこの記事で出てきたリコーダー君です

 

リコーダーって穴が開いてますよね?

そしてこの穴を押さえて吹くと音が変わりますよね^^

 

簡単に言うと、これが音色が変わったというです。

指で押さえることによって、空洞の形や響かせる場所を少し変えて音色を変えているんです。

 

人間も同じですよ^^

3つある共鳴腔の響かせる場所を変えたり、少し形を変えることで、音色がものすごく変わります。

七色の声とかって言われますが、この共鳴腔を上手く使う事で、七色どころか、いくらでも変化させられるんです!

 

つまり、自分が出したい音色を出すためには、この共鳴腔の使い方を知ることが早道というわけですね^^

 

各共鳴腔の使い方と特徴

 

各共鳴腔の特徴と使い方です。

これについては、とっても大事なので一つずつしっかりご説明します。

このページでご説明するとかな~り長くなると思うので、各共鳴腔ごとにページを分けてご説明しますね^^

ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

咽頭共鳴腔⇒咽頭共鳴腔の特徴と使い方!全ての声につながる最重要ポイント!

 

鼻腔共鳴腔⇒鼻腔共鳴腔の特徴と使い方!やわらかい声やバラードには必須ポイント!

 

口腔共鳴腔⇒口腔共鳴腔の特徴と使い方!明瞭さや力強さが欲しければここを使おう!

 

 


スポンサーリンク

 

本日は共鳴腔のお話でした。

この共鳴腔というものは歌声も話し声でも必ず必要になってくるものです!

すこ~し単語的に小難しい印象が出てしまいますが、わかってしまえばなんてことありません。

共鳴腔を意識して使えれば鬼に金棒!

ぜひチャレンジしてみてくださいね^^

 

 

コメントを残す




CAPTCHA