口腔共鳴腔の特徴と使い方!明瞭さや力強さが欲しければここを使おう!

力強くロックに!

1音1音がしっかり聞こえる声!

そんな声を手に入れたければこいつを使おう!

その名こそ……口腔共鳴腔!!

 


スポンサーリンク

 

本日は3大共鳴腔の一つ。口腔共鳴腔についてのご紹介です^^

共鳴腔って何?という方はまずこちらをどうぞ^^⇒共鳴腔って何?響き・音色、共鳴腔が使えればすべて上手くいく?

 

本日ご紹介する口腔共鳴腔は、「力強さ」「激しさ」などが得意なロックなやつです。

そんな歌が歌いたいという方はぜひ覚えていただきたい内容です!

では、早速行ってみましょう!!

 

力強い響きを手に入れよう~

 

 

口腔共鳴腔ってどこ?

 

場所はここです。

といっても難しいことはないですね、要するに口の中です。

 

口の中が口腔共鳴腔。

口の中に響かせることを口腔共鳴と呼びます。

 

これは今までで一番わかりやすいと思います^^

 

口腔共鳴腔の特徴

 

口腔共鳴腔の特徴としては、冒頭でもお伝えした通り、「力強く聞こえる発声」が可能になります。

あと、響きが前に出やすくなるので、一音一音が粒だって聞こえ、しっかりとした声になりやすい響きでもあります。

そのため、この口腔共鳴を使うと効果的なのが、「ロック」「ブルース」などの分野です。

 

この分野の歌を歌うとき、またほかの分野でも力強さが欲しいときはぜひ使ってほしい響きです。

 

また、歌ではなく、日常生活においても、口腔共鳴はとても大切です。

話し声でも、口腔共鳴をしっかり使えれば、「力強さ」「責任感」など、とても得する印象を与える声になります。

歌に興味がないという方でも、有効に使える響きですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね^^

 

口腔共鳴腔を使った発声のやり方

 

さぁ、実際に口腔共鳴腔を使った声を出してみましょう!

 

まず、息をしっかりはいてみましょう!

しっかり腹式呼吸を使って、

すって~~~~

はいて~~~~

 

は~~~~~

 

このは~~~っと息をはくときがとっても重要です。

喉はリラックスしたまま、ため息のような感覚でらく~~~にはいてください

身体から空気が抜けていくような感覚です。

 

はけましたか?

そしたら、そのはくときに声にするわけですが……

この声を口の中にぶつけるようなイメージにしましょう!

 

最初はオーバーにやっても良いので、

一音一音しっかり口の中にぶつけて響かせます。

 

たとえばかえるの歌を使うと……

 

かえるのうたが~

聞こえてくるよ~

 

この最初の「か」の音からしっかり口の中にぶつけます。

「ka」の「k」の部分をしっかり発声するイメージです。

 

では、かえるの歌を歌ってみてください!!

 

・・・

・・

 

どうでしょう?

なんかカエルの歌が結構クセのあるロックやブルースみたいになりませんでしたか?

それが口腔共鳴腔の響きです。

今はかなりオーバーにやっていただいたので結構クセがある感じになったと思いますが、ほかの共鳴腔と同じように、この使う大きさをコントロールしていくわけですね^^

 

こいつがコントロールできるようになると、声にハリや力強さがでますので、ぜひコントロールできるようになるまで頑張ってみてください!

 


スポンサーリンク

 

まとめ

 

本日は口腔共鳴腔についてご紹介しました。

これで、3大共鳴腔については全てご紹介しましたが、すべてに共通していることがあります。

 

それは、使う響きの大きさはコントロールできる

 

ということです。

 

本日の口腔共鳴腔もそうですが、思いっきり使うとかなりクセがでます^^;

しかし、ちょうどよく使えるようになると、いろんな場面で活躍できるのです!

 

なので、ぜひコントロールできるようになるまでトレーニングを頑張ってみてください^^

 

あと、この共鳴腔は合わせ技が可能です^^

口腔共鳴腔+咽頭共鳴腔

咽頭共鳴腔+鼻腔共鳴腔

 

などなど。

これの使う割合をコントロールすることで、それこそ七色の声どころか、ものすごいバリエーションの豊富な声の響きを出せるのです!

 

これを自在に使うことは難しいことではあるのですが、それができれば鬼に金棒!

ぜひ色々使えるようチャレンジしてみてください!!

 


スポンサーリンク

 

 

コメントを残す




CAPTCHA