高音発声の極意!地声と裏声の間、喚声点・ブレイクを克服する方法!

高音を強くかっこよく出したい!

でも声を高くしていくと急にひっくり返っちゃう……

これはどうしたらいいんだ!!

なんとかしてくれええええええ!!


スポンサーリンク

 

突然ですが、喚声点・ブレイクポイント・ブリッジなどと呼ばれるものをご存じですか?

高音発声を楽に強く出すためには克服を必ずしなければいけない難関ポイントなのですが、これで悩む方が数多くいらっしゃいます。

いわば、今回のお話は、高音発声の極意と言ってもいいでしょう!

 

今日はそんな喚声点のお話です。

ぜひこの記事を読んで、この難関ポイントを克服していただければと思います!

 

では、早速行きましょう!

 

声がブレイク!なんとも恐ろしい響きですが……

 

喚声点・ブレイクポイント・ブリッジとは?

 

先にお伝えすると、換声点とか、ブレイクポイントとか、ブリッジというものは、同じものを指すと考えていただいて大丈夫です。呼び名が違うだけです^^

 

で、内容ですが、色々とご説明するよりも、実際に試していただいたほうが早いかと思いますので、まずやってみましょう!!

 

あなたが出せる一番低い音を出してください。

あ~~~~♪

 

では、そこからゆっくり高くしていってください。

あなたが出せる一番高いところまで声を出していってくださいね^^

 

あ~~~~~~~~~~↑

 

はい、OK

では、質問です。

今、一番低い音から一番高い音に行ったわけですが……

 

地声から裏声まで出せましたか?

 

YES、裏声まで行けましたよ

NO、裏声ってどうやって出すのかわからないんだよね^^;

 

今、NO、裏声の出し方がわからなくて、そもそも裏声が出せないという方は、実はまだこの喚声点を実感できないと思われます。

まずはこちらの記事や⇒ミックスボイス、ミドルボイスを出すために必要な3つの要素!

こちらの記事⇒自宅でできるボイストレーニング!手軽で効果的な3つのボイトレ方法!

を読んでいただき、まずは裏声発声を頑張ってみてください^^

裏声がある程度出せるようになれば、高音発声への道がガバっと開けますよ!

 

 

では、YESの方

地声から上がっていって途中で裏声に変わったと思いますが……

この地声と裏声の間、境目は綺麗に切り替わることができましたか?

 

これがYES、地声と裏声の境目なんてわからないくらい綺麗に切り替わったよ、という方は、この記事ではもういう事がありません!免許皆伝!!次の記事に行きましょう!

 

NO,地声から裏声に行くときに、こう……スムーズにいかず、急に切り替わっちゃうよ……

はい、そのガクっと切り替わる地声と裏声の境目の事を、換声点とかブレイクポイントとかブリッジとか言います。

 

ミックスボイスとかミドルボイスとか呼ばれる高音発声のキモは、スムーズな地声と裏声の行き来にあります。

つまり、この換声点が高音発声をきれいにするための突破すべき壁という事ですね!!

 


スポンサーリンク

 

喚声点・ブレイクポイント・ブリッジを克服するコツ

 

ではこの換声点を克服するコツです。

 

日本人の換声点は、【レ・ミ】と【ソ・ラ】にあるといわれています。

もし鍵盤など、音を出せるものがあれば、音を出しながら声を出していってください。

大体このあたりで、切り替えていかないとつらくなると思います。

で、この切り替えることを、「チェンジする」と言ったりします。

 

そしてこのチェンジの仕方は……

「上あごの奥を上にあげること」

です!

 

すっごくザクっと書いてしまいましたが、これがなかなか難しいのです。

 

上あごの奥(軟口蓋)を上にあげてチェンジしていく

 

なるべくわかりやすくなるように頑張ります!

わからなかったら手を挙げてくださいね!!

 

喉を開けなさい!!とよく歌声だといわれるのですが、人間の身体って、何も意識しなければ、高音を発声しようと思えば思うほど、喉が閉まるようになっています。

 

しかし、喉が閉まってしまうと、高音発声はものすご~~くきつくなります!

なので、キモは喉を閉めないこと!!

 

そのためには、音が高くなればなるほど、喉をどんどん開けていくイメージを持つことが重要になってきます!

 

で、その喉を開けていくイメージとしては、上あごの奥、喉ちんこの辺りですね、そのあたりをモコっと上にあげていくイメージが必要なのです!!

 

この喉の奥を開けるイメージとしては……

・あくびをする瞬間の感じ

・上あごを縦に開けるつもりで開けてみる

・奥歯を上にあげるつもりで口をあける

・舌を前に出すように声を出す

と、人によって掴みやすいイメージの仕方はさまざまです。

 

イメージって恐ろしいもので、Aさんでは上手くいったイメージがBさんでは上手くいかなかったりします。

なので、あなたにあったイメージをつかんでみてください!

 

 

喉を開ける感覚が分からなければグッズに頼ってみる

 

喉を開ける感覚がどうしてもわからない場合は喉を強制的に開けてくれるグッズにたよってみるものありです。
>>自宅で簡単発声練習「ビューティーボイストレーナー」<<


これは以前の記事でもご紹介したボイトレグッズです。

ご紹介した記事はこちら⇒自宅でできるボイストレーニング!手軽で効果的な3つのボイトレ方法!

 

こういうマウスピースを口にくわえて発声するのですが、喉を開けるという感覚を掴むにはなかなかに優れものです!

このマウスピースを口にくわえることによって……

 

こうなります!

喉の奥が開いているのが分かるでしょうか?

 

このマウスピースを使って喉が開く感覚を掴んでしまい、マウスピースを外した後でもこの状態をキープできれば、喉を開けた発声ができるようになるというわけですね!

換声点克服も、この喉開けが一つのキーポイントになってきます。

 

「喉を開けるっていう感覚が分からない!!」

「喉を開ける感覚を掴んでみたい!!」

 

そういった感覚を直感的につかむには、もってこいのグッズだと思います!

これを使って喉を開ける感覚を掴んでしまうことが、高音発声の近道になるかもしれませんね^^

 
>>プロのボイストレーニングがマウスピースで実現「ビューティーボイストレーナー」<<

 

 


スポンサーリンク

 

本日は高音発声のキモ、換声点についてご紹介しました。

この換声点の克服は、とっても難しい分野です。

しかし!頑張ってトレーニングしていけば必ず克服できます!!

諦めずに、トレーニングして、憧れの高音発声を手に入れましょう!!

 

コメントを残す




CAPTCHA