高音発声のコツ!アゴをしゃくると高音が発声しやすくなる?

歌声でキーの高い音程の声を出すとき、アゴをしゃくると高い声が出やすくなる、という説があります。

これは本当なのか?それとも都市伝説なのか? 本日はそんなアゴについてのお話です。


スポンサーリンク

 

アゴをしゃくると高い声はでやすい?

最初に結論をお伝えすると…出やすくなる場合があります!

なんか歯切れが悪いのは、しゃくったら全員が高音がでやすくなるかと言えば、そうでない方もいらっしゃるからです。

では、なぜ出やすくなる場合があるかと言うと……

 

喉が開く

アゴをしゃくることで、喉の奥、咽頭共鳴腔を広くすることができます。

歌を歌う時、この喉の奥が開いている状態はとってもいい事です。特に、高音を発声する際は、筋肉の動きとして、喉の奥が狭くなりがちなのです。喉の奥が狭くなってしまうと、声の通り道も狭くなってしまいますので、結果声が出にくく、頑張って出そうとして力んでしまいます。

こういった、喉の奥の状態を、広くでき、声を出しやすい状態にしますので、高音がでやすくなる場合があるのです。

 

デメリットは?

アゴをしゃくるデメリットもあります。

 

下顎に力が入りやすい

理想的な発声は、必要最低限の力を入れて発声することです。

アゴをしゃくろうとすると、必然的に下顎に力を入れてしまいます。発声をするときに、この下顎は力が入りやすく、また、下顎に力が入ってしまうと、それだけ喉にも負担がかかりやすくなってしまい、あまり良い状態ではありません。

 

見た目があまり良くない

これは好みによるのかもしれませんが…アゴをガツっとしゃくって歌っている姿はあまりかっこよく見えないかもしれません^^;

なんかこう、あの闘魂の方のモノマネをしているような感じにもなりますし(笑)

 

アーティストもよくしゃくる?

ただ、プロのアーティストさんもアゴをしゃくって歌っている方も結構いらっしゃいます。

高音を発声するときに、クイっとしゃくって声を出してます。

このように、上手く使えると高音発声が楽になったりもします。

 

試してみる価値はあり!

どうでしたでしょうか? アゴをしゃくるとデメリットもありますが、大きなメリットもあります。

上手くいけば、これだけですぐに高音がスポーンと出てしまうかもしれません。

ぜひ一度試してみてくださいね^^

 


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA