いつでもできる「ながらボイトレ」 実は鼻歌にはすごい効果が!

しっかり時間や場所を確保してトレーニング!

こういったトレーニングも必要ですが、いつでも気軽にできるトレーニングがあったら最高!

そんなあなたにおすすめしたい、「ながらトレーニング!」


スポンサーリンク

しっかり腰を据えて行うトレーニングも大切なのですが、そんな時間や場所もない!という方たちのために、このサイトでは、いくつか〇〇しながらトレーニングをしちゃうという、「ながらトレーニング」をご紹介しました!

以前ご紹介したながらトレーニングはこちら⇒耳を鍛える「ながらトレーニング」!日常がトレーニングのチャンス!

今回も、このながらトレーニングの一つをご紹介します!

このトレーニングは発声の基礎を覚えられ、さらに気分も上がるという素晴らしいトレーニングです!

ぜひ試してみてください!

 

今回のキーワードは鼻歌♬

 

喉を開けて鼻に流す発声

きれいな歌声を出すとき、避けては通れない共鳴が、口腔共鳴と鼻腔共鳴です。

簡単に言ってしまうと、「喉を開けて、鼻に息を通す」ということが大切になります。

こうやって活字にすると、

「ふ~ん、喉を開けて鼻の方に息を流せばいいのね」

と、結構簡単そうに見えるかと思いますが、これがなかなか、「言うは易し、やるは難し」で難しい!

なので、感覚的にできてしまった方が早く、その感覚を覚えてしまった方が楽なことが多いです。

本日のながらトレーニングは、この喉を開けて息を鼻に通すということを、感覚的に覚えることができるトレーニングです!

 

鼻歌発声

さぁ、本題です!

そう、本題は……鼻歌!!

・・・

・・

そうそう、その「ふんふん~♪」っていう鼻歌です。

この鼻歌、実はすごいパワーがあるんですよ!

先ほどお伝えした、きれいな発声のコツは「喉をあけて、息を鼻に通す」ことでしたね。

この鼻歌は、鼻歌という名前の通り、鼻に息を通し、鼻腔共鳴をしっかりさせている声です。

さらに、鼻歌の多くは、リラックスして、楽に歌っていることが多いので、自然と喉も開いていることが多いのです!

つまり、この鼻歌を発声に活かすことができれば、あなたの歌声はもっときれいな発声になるということですね!

 

鼻歌で覚える共鳴のトレーニング

では実際にやってみましょう。

このトレーニングで気を付けてほしいことがひとつあります。

それは、……響きの場所をしっかり感じること!

では、ちょっと声をだしてみましょうか!

 

①口を閉じます

②目と目の間、眉間あたりに向かって優しく「ん、ん」と声をぶつけてみましょう

③この時の眉間のあたりがしっかり振動することを感じます

④では、この響きを保ったまま、鼻歌をうたってみましょう!

 

歌う鼻歌は何でも結構です。

あなたが一番お気に入りの曲でもいいですし、最近練習している曲でも構いませんよ

その歌を、さっき感じた眉間に優しくぶつける感じを感じたまま鼻歌でうたっていきましょう!

 


スポンサーリンク

 

本日のながらトレーニングは、鼻歌を使ったトレーニングでした。

お部屋を掃除しながら、お風呂に入りながら、寝転びながら、どんなときでも結構です。

このトレーニングになれると、鼻腔共鳴を使った発声というものが感覚的にわかってきます。

そうすることで、実際歌うときも、この響きを使って、優しく、綺麗な声が出せるようになるのです!

ぜひ、試してみてくださいね^^

 

 


スポンサーリンク

 

コメントを残す




CAPTCHA