地声が低いと高い声が出ないは気のせい?地声が低くても高音が出せる理由

地声が低いので、高い声がでないんです!

こんなお悩みは良く聞きますが、それは本当でしょうか?

もしかしたら、それはあなたの思い込みかもしれませんよ!


スポンサーリンク

自分の地声が低くて嫌だ……という悩みを持たれている方は案外多いです。そして、地声が低いのが原因で、高音が出ないという事もおっしゃっられる方が多いです。

 

 

声の高さは声帯の伸縮

低い声を出すときや、高い声を出すとき、声帯がどうなってるかご存じでしょうか?

この時、声帯は伸びたり縮んだりします。低い声の時は、声帯は緩んでいて厚みは厚くなったままです。

逆に、高い声の時は、この声帯がびよ~んと伸ばされ、薄くハリがあるような状態になります。

輪ゴムを想像していただくとわかりやすいと思います。輪ゴムを伸ばさず、そのまま指ではじくと音が低く、ピーンと伸ばした状態の時に指ではじくと、音が高くなると思います。

声帯も、こんな感じに伸びたり縮んだりするんです。

 

地声が低くても高い声は出る

なので、地声が低かろうと、高い声は出せます!

輪ゴムをピーンと伸ばした状態にできれば勝手に音が高くなるように、声帯を高い声が出る状態にすることができれば、勝手に高い声は出てくれるという事です。

なので地声が低いせいで高い声が出ない、というのは結構高確率で気のせいです^^

 

「出ない」ではなく「出し方が分からない」がほとんど

ただそんなことを言われたってでないものは出ない!

と、いうお声が聞こえてきそうです^^; お気持ちはわかります。

実はこのようにお伝えしてきましたが、地声が低い人は、地声が高い人より高い声が「出しにくい」という場合はあるのです。

これは何かといいますと、地声が低い人は、日常生活で一定以上の音域を出さないで生活していることが多いです。

男性に多いのですが、これがつながって、「裏声自体出せない」という方もいらっしゃいます。なぜなら、日常生活で裏声を出す場面が一切なく、裏声なんて子供の頃以来一度も出していない、という方もいらっしゃるからです。

このように、普段全く出さない声は、出し方を忘れてしまいますし、その声を出すための筋肉も衰えていきます。地声が低いかたは、普段高い声を全くださないので、出し方が分からなくなってしまうんです。

普段から声を裏返らせたり、高い声で会話をするような方の場合は、逆に普段から良く使う音程だったりしますので、比較的高い声は出しやすい場合が多いです。

 

使う事になれることが第一歩

このように、高い声を使い慣れていない方は、出し方が分からなかったり、高い声を出す筋肉が弱かったりするため、まずはどんな声でも良いので、使ってみることが大事です。

例えばお風呂に入っているときに、裏声を出して歌ってみる(出なかったとしても、出そうとしてみることが最初は大切です)

掃除をしているときに鼻歌を裏声にしてみる、などです。

このように、普段全く使わない、というところから、少しずつ使って慣れていく、というように変えていけば、だんだん高い声を出すことに慣れてきます。

その上で、しっかりトレーニングを行うと、より効果的に高い声を習得できるでしょう!

 


スポンサーリンク

 

いかがだったでしょうか? 地声が低くて高い声が出ないと嘆いていらっしゃる方は意外と多いものです。

ですが、地声が低いからと言って嘆く必要はありません! むしろ地声が低いというのはとっても武器になります。

なぜかというと、高い声は練習をすれば出しやすくなるのですが、声を低くしていくことは半端なく難しいからです。

地声がひくければ、後は上げていくだけですから、それだけ音域を広げやすいというメリットがあるんです!

 

※注意

本日ご紹介した内容は、声帯などの病気、異常は無い前提でご紹介しています。もし、少しでも異常を感じられる場合は、まずは病院で診察を受けることをオススメします。

コメントを残す




CAPTCHA