高音がグングン伸びるボイトレ法!歌う時に〇〇をするだけで!

高音をガンガンだしたい!

もっときれいに強く出したい!

簡単に練習できるトレーニング法はないの!?


スポンサーリンク

高音をキレイの強くかっこよく発声するためのボイストレーニング法

そんな練習はないかお探しのあなた!

ありますよ! そんなあなたのための最適な練習法が(ババン!)

 

TVショッピング風でスタートさせていただきました

本日もお読みいただいてありがとうございます^^

本日ご紹介する内容は、高音発声のトレーニングです!

高い声を出したいというご希望はボイトレを行う上でランキングトップ3に必ず入ってくるご相談です。

本日は実際にボイストレーニングで行うトレーニング方法をまるっとご紹介します。

ぜひ一緒にやってみてくださいね^^

高音もらくらく~♬

 

高音が上手くでない原因は?

高音が上手く出ない原因は様々あるのですが、その中に喉の奥が狭くなってしまっていること、力みすぎなどの原因があります。

喉の奥というのはこの部分です。

咽頭共鳴腔と呼ばれる空間の部分ですね。

この部分が狭くなってしまうと、下から上がってくる息や声のもとが通りにくくなってしまって。上手く響かないんです。

その結果、高い声を出そうとしても上手く出せず、どんどん力みにつながってしまいます

本日はこの部分をしっかりあけたまま声を出す簡単なトレーニング方法をご紹介しますね^^

 


スポンサーリンク

 

高音もグングン伸びるボイトレ法

では、細かいことは置いておいて、本題である声の出し方のご紹介です

本日ご紹介するトレーニングは喉の奥を広げたまま声を出すトレーニングです。

では、こんな感じでやってみましょう!

 

①考える人のようなイメージでアゴをおさえます

こんなイメージで指でアゴを持ってみてください

 

②そのまま口を少し開きます(上に開くようなイメージです)

 

これで準備OK!

何でもいいので歌ってみます。

その時、歌詞は「ラ」で歌ってください!

そして一番の注意点は…

「ラ」で歌っているとき、この押さえているアゴは動かさない事!!

これが、この練習で一番やりたいことです。

下あごを動かさずに、ラで好きな歌を歌ってみてください。

高音になっても同じように動かさずに歌うんですよ!

・・・

・・

いかがですか?

上手く歌えましたでしょうか?

このトレーニングは、

この部分を広く使うための練習です

下あごをガンガン動かすと、この丸の部分の下の方が固く、上に上がってしまい、どんどん通り道が狭くなってしまいます

そのため、下あごを動かさずに歌うことが重要になってくるんです!

 

「ラ」で歌えるようになったら、こんどは歌詞で歌ってみてください

歌詞の時は、下あごが全く動かないのは不可能ですが、なるべく「ラ」で歌ったような感覚のまま歌います

上手くいけばどんどん高い声が強くしっかりでるようになりますよ!

 


スポンサーリンク

 

いかがでしょうか?

ぜひガンガン練習して高い声を出せるようになってくださいね!

 

歌った後はしっかりケアをしましょうね^^

コメントを残す




CAPTCHA