裏声の出し方!裏声が出ないと高い声が出ない!ハイトーンは裏声から!

高音をかっこよく出したい!

地声っぽく出したいから裏声なんていらない!

そう思っているあなた……それでは地声っぽい高音を出すことはできませんよ!!


スポンサーリンク

 

こんにちは^^

本日は裏声のお話です。

 

裏声ってなんかかっこ悪い。強い地声っぽい声で高音を出したい!

そう思っているあなた!実は裏声がしっかり出せないと強くかっこいい高音は出せないんですよ!!

 

今日はそんな裏声のお話です!

裏声が苦手、裏声が出せない……そんな方はぜひ読んでみてくださいね^^

 

裏声発声が高音発声の入り口ですよ~♪

 

 

裏声……だせますか?

 

裏声と言えば、弱々しくひっくり返ったような高い声……そんなイメージを持たれている方が多くいらっしゃると思います。

しかし、この裏声って、ものすご~~く重要なんです。

 

そして、この裏声、結構出せない場合もあるんです。特に男性の場合、普段の会話で裏声って使う事があまりないので、出したことがほぼ無い方だと裏声自体出すのが難しいという事があります。

このままでは、高くかっこいいやつも残念ながら出せないです。それはなぜかというと……

 

高音発声は裏声発声?

 

高くかっこい発声は実は裏声という意見もあります。

 

え!?全然裏声に聞こえないよ!地声でしょ( ゚Д゚)?

 

まぁ、この部分はすごく混乱を呼ぶ部分なので、裏声か地声かという議論は置いておいてですね、間違いないのは高音発声は「裏声を出した時の筋肉も使う」ということです。

 

簡単に言うとですね、普段話す声、地声を出している時と裏声を出しているときは使っている筋肉が違う場所なんですが、地声に聞こえる高音発声をしているときは、裏声を出した時に使う筋肉も使っています。

 

さらにわかりやすくすると、高音発声は「強く裏声を出しているようなもの」ということですね^^

 

つまり、弱々しい裏声が出せない場合、その出し方が分からなければ、強い声も出せないというわけです!

 


スポンサーリンク

 

裏声の出し方!

 

裏声をきれいに出すためには、とにかくリラックス!脱力です!

声を出そうと力んでしまうと、カスカスしたような、全然響かない声になってしまいます。なので……

 

ため息を出してみましょう!

 

力を抜いて~~、息を吸って~~~思いっきり魂が抜けるようなイメージで~~

 

は~~~~~~

 

そうです!ナイスため息!

その魂が抜けるような、は~~~、というため息に声を乗せちゃいます。

コツは、声が出ちゃったくらいの情けない声で良いです。

 

力を抜いて~~~、息を吸って~~~~

は~~~~~~~(裏声で、は~~~~~)

 

OK!このイメージです。

裏声をキレイに出すためには、このくらいリラックス、脱力が必要です。

しっかり脱力して裏声を出してみましょう!

 


スポンサーリンク

 

高音発声には、この裏声が必須です!

この弱々しいけれども、脱力できた裏声をだんだん強くしていくというトレーニングが、最終的にかっこいい高い声につながります!

まずはリラックスしたキレイな裏声!

これを出せるよう頑張ってみてください^^

 

コメントを残す




CAPTCHA