「抜けた」声の出し方!力任せの声から抜け出す裏声の秘訣

無駄な力を入れて歌ってはいけない…

力を抜いて~リラックスして~

でも気が付くとどうしても力が入ってしまう!


スポンサーリンク

 

本日は無駄な力が入っていない、いわゆる「抜けた」声の出し方、そのコツをお伝えします。

特に高音を発声する際、どうしても力みが過剰に入ってしまい、喉の周り、肩の周りがガチガチになってしまう……。

そんな方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

力をガチガチに入れてしまうと、声が上手く出ないだけでなく、声帯への負担もものすごいことになってしまいます。

この記事を読んでいただければ、そんなガチガチから脱却できる! かもしれません^^

 

そのガチガチをほぐしてみましょう♪

 

ガチガチになってしまうのは地声で頑張るから?

ガチガチさんで比較的多い原因が、「地声で強く高い声を出したい!」という考えです。

……そんなこと言われたって、プロのアーティストはガンガン高い声を地声で出してるじゃないか!

いえいえ、実は、あの高い声のほとんどは、地声と呼ぶには難しいものなんです。裏声が多く入ってきていると思って頂いて間違いありません

地声のように聞こえるのは、地声と裏声が混ざることによって、強い響きを出しているからです。

つまり、普段話すような地声の響きを高くしていくと、ああいった高く強い声にならないことがほとんどです。

地声のまま頑張って高音に引っ張っていってしまうと、大体が「怒声」「怒号」のような、どなったような声になってしまいます。

そのため、地声で引っ張っていく、という考え方は、あまりおすすめできるものでないのです。

 

抜けた声のコツは裏声から

高い声、抜けた声のコツは、何よりも裏声です。

日常会話をするときに、裏声を使って話す方は少ないと思います。特に男性は全く出さないという方もいらっしゃるかもしれませんね

そうなると、裏声がそもそも出ない、という方もいらっしゃるかもしれませんね

また、弱々しい感じがして裏声が嫌いという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし! 裏声は高く強い声のベースとなるものです! 綺麗な歌声を出せるということが、強くきれいな高音発声ができるということにつながります!

 


スポンサーリンク

 

純粋な裏声をだしてみよう

裏声の練習をするとき、ガチガチに裏声を出していてはあまり意味がなくなってしまいます。そのため、練習はリラックスした、純粋な裏声で練習をする必要があります。

 

では、「ふ~~~」という声で裏声を出してみましょう!

・・・

・・

OK! では、その時、バースディケーキにささっているろうそくの火を消すようなイメージで、「う」の口の形で、しっかり息をふいてみましょう

「ふ~~~~」

そうです、ではそのまま、しっかり息をふきながら裏声を出していきます!

「ふ~~~~~~~」

・・・

・・

はい、OKです

あとは、その裏声をだんだん低くしたり、高くしたりして、自在に使えるようにしましょう!

リラックスをしたまま行うことがコツですよ!

 

だんだん地声を混ぜてみる

この裏声がしっかり出るようになったら、すこしずつ地声を混ぜていってみましょう!

コツは高い声からだんだん低くしていくことです。

階段を下りるようなイメージで、「ド~~~シ~~~」と音階を裏声のまま下がってきてみましょう!

そうすると、どこかで地声と裏声が切り替わると思います。この部分を滑らかに移動できるよう、何度も上から下げていってみましょう

最初はなかなか難しいかもしれませんが、ここまでくれば、あなたの声はガチガチな声から「抜けた声」になってきているはずです!

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね!

 


スポンサーリンク

 

トレーニング後はケアも忘れずに!
おすすめケア商品ランキング

コメントを残す




CAPTCHA