安定した声を出すために!声が安定しない原因と3つの解決方法!

安定した声を出したいけど、どうしてもうまくいかない!

声がブレたり、震えたりしてしまう……

どうしたら安定した声になるの!?誰かおしえて~!!

 


スポンサーリンク

 

はい、というわけで、本日は声の安定のお話です。

声が震えてしまったり、ブレたりして、上手くコントロールができないというお悩みは結構あるんです^^

 

声というのは安定していると、聞いている人に安心感や説得力を与えますが、逆に安定感がないと、途端に安心感などがなくなってしまいます。

 

今日はあなたの声がよりナイスボイスになるために、安定感のある声の出し方をお伝えします^^

歌声、話し声、どちらもご紹介していきますので、どちらでお悩みの方もぜひ読んでみてくださいね!

 

この記事を読み終われば、安定した声を出すための秘訣が分かりますよ!!

 

 

ブレない安定した声をだすんだゾウ~♪

 

 

安定した声って何?

 

安定した声ってなんでしょうか?

 

ブレない声?

震えたりしない声?

 

こういった声も当然安定した声です。

でも、今回の記事でキモになってくる部分があるので、安定した声というものを言い換えちゃいます。

 

安定した声=コントロールできた声

 

このように言い換えちゃいます^^

と、いうのはですね、ブレたり震えたりというのは、安定しない声というイメージがありますが、状況によってはそれが良くなる場合もあります。

 

例えば、歌声であれば「ビブラート」

ビブラートは声、音の震えです。

いい感じに声が震えれば、ビブラートができたみたいになるわけですが、これが偶然ではいけませんよね^^;

 

なので、声を震わせるのもワザとやっているんであれば、それは安定した声とも言えますね^^

 

なので、安定した声=コントロールできた声として、進めていきますね^^

 

 

 

声が安定しない、コントロールできない原因

 

声を安定、コントロールするためには、まずなんで安定しないかを知りましょう!

 

呼吸が安定していない

 

これは歌声も話し声も同じです。

 

呼吸……これはめちゃくちゃ大事です。

声の土台は呼吸です。

私たちは、息を吸ったりはいたりしながら声を出しています。

なので、この息を吸ったり、はいたりする呼吸が上手くいかないと、声は安定しません。

 

呼吸が安定しないなんてそんなことあるの?普通に呼吸なんてできるけど( ゚Д゚)?

 

あるんですよ、呼吸が安定しない時が……

例えば……

 

緊張

 

緊張をした時……私たちは知らないうちに呼吸が早くなっていたり、浅くなったりしています。

緊張した時って思うように声が出なくなったりしないですか?

これは、呼吸が上手くできていないことが大きな原因の一つなんですよ!

 

腹式呼吸ができない

 

呼吸をコントロールするためには、腹式呼吸が重要になります。

腹式呼吸ができることによって、呼吸をコントロールできるようになります。

呼吸がコントロールできるという事は当然声も……もう、おわかりですね^^

 

呼吸と声が上手くつながっていない

 

少しわかりにくい内容ですが、声とは、呼吸⇒声とつなげるわけですが、このつなげ方が上手くいかないと声は安定しません。

 

実は、せっかく腹式呼吸はできるようになったのに、声に使えていないという方は結構いらっしゃるんです^^;

この部分が上手くいくだけで、かなり安定するようになります

 

高音発声での切り替えが上手くいかない(歌声)

 

これは歌声のお話ですが、高音発声をする際、声には切り替え(ブリッジとかブレイクポイントとか言われるやつ)があります。

この切り替えはとっても難しい分野なのですが、これが上手くいかないと、高音に差し掛かった音域で声がものすごくブレてしまいます。

これについては、こちらの記事で詳しくご説明していますので、よろしければ読んでみてください⇒高音発声の極意!地声と裏声の間、喚声点・ブレイクを克服する方法!

 


スポンサーリンク

 

声を安定、コントロールする3つの方法

 

では、原因をふまえて、コントロールするための方法に入りましょう!!

 

その①、土台である呼吸をコントロールする!

 

声をコントロールする上で、一番重要なポイントがこの呼吸のコントロールです!

呼吸のコントロール=声のコントロールと言っても過言でないレベルなんですよ^^

 

では、先ほどの原因をふまえまして……

緊張については技術+メンタルの部分が重要になってきます。

緊張とメンタルについては⇒緊張して上手くできない…… 緊張しない方法は〇〇してみよう!など、声とメンタルのカテゴリーでご紹介していますので、ぜひご参考にしてくださいね^^

 

腹式呼吸

 

腹式呼吸はできますか?

もし腹式呼吸がまだできないという方は先にこちらを参考にしてみてください⇒腹式呼吸をマスターしよう!全ての声の基本は呼吸にあり!

 

で、声を安定させるための腹式呼吸ですが……コツは支えです!

ちょっとやってみましょうか!

 

腹式呼吸で限界まで吸ってみてください。

はい! す~~~~~~~~

 

では、その吸った息を、上の歯の裏側に当てながら、ガスもれするようなイメージで出してみましょう!

シ~~~~~~~~~~~~~~

 

この、はく時ですが、おなかがどんどんしぼんでいくと思います。

が、しぼむまでは、頑張ってお腹が動かないようにしっかり支えてみてください!!

 

これは腹式呼吸の応用ですよ^^

これができたら、今度は、はく息を声にしてみましょう!

これで声が安定してくるはずです!

 

コツはお腹の支えです!

その②.腹式呼吸で吸った息を腹式呼吸で声にする

 

腹式呼吸で吸った息をちゃんとそのまま声にできますか?

実は、せっかく腹式で吸っても、声にするときに上手くつながらないという方は結構いらっしゃるんです。

では、これも実際にやってみましょうね!!

 

①息を腹式で吸います!

②次に腹式でハ~、とため息をはくくらいのつもりではきます。

③もう一度吸います

④今度はさっきのため息にあ~、と声を乗せてみましょう!

 

実際にやってみてくださいね^^

 

・・・

・・

 

どうでしょう。

最後のため息の声を乗せた時、いつもより声が響いて出ませんでしたか?

これが、腹式呼吸で出した声です!

この声はものすごく響きがありますし、安定もさせやすい声なんですよ!

 

 

その③、力を入れる場所を意識する

 

3つ目は、①と②をまとめる役目があります。

①でやった腹式呼吸、②でやった腹式からの声……

こいつらをまとめます!

 

そのコツは、力の入れる場所です!

ちょっと笑ってみていただけますか?

 

ニコッ

 

あ、すみません、声を出してガンガン笑ってください。爆笑してもらえるとよりわかるかと思います^^

 

はっはっは……ハハハハハハ……ガハハハハハハハ……ごはっゴハッ

 

素晴らしい爆笑ありがとうございます!

あ、そんな目で見ないで下さい、ちゃんと意味はあるんですよ^^

 

今みたいに爆笑した時、おなかで力が入っているところがあると思います。

みぞおちのちょっと下あたりじゃないでしょうか?

この笑ったときに固くなる場所、ここが声を出すときに力を入れるべき場所です!

 

逆に言えば、とりあえず基本としてはこの場所以外力はいれないで下さい^^

(あくまで基本形の話です)

 

これによって、腹式呼吸の支えはよりやりやすくなり、声のコントロールはかなりやりやすくなります。結果安定感は抜群に伸びるはずです!

 

力を入れる場所が分からなくなったら爆笑して固くなる場所を確かめてみてください。

但し、人前で急に爆笑すると、距離をおかれることになってしまうので注意が必要です^^

 


スポンサーリンク

 

本日は声の安定、声のコントロールについてご紹介しました^^

声のコントロールは呼吸のコントロール!

土台となる部分ですので、ぜひともコントロールできるようになるよう、トレーニングでしてみてくださいね^^

 

 

コメントを残す




CAPTCHA