腹式呼吸をマスターしよう!全ての声の基本は呼吸にあり!

 

腹式呼吸って聞いたことありますか?

「いい声を出すためには腹式呼吸!」

「大きい声を出すためには腹式呼吸が必要!」

 

そんな風に言われることが多いですが、

実は腹式呼吸ができたからと言って、良い声が出るわけではありません。

 

「え、じゃあ何のために腹式呼吸をやるのさ……」

「タイトルで腹式呼吸が大事みたいなことが書いてあるのに……」

「ま、まさか、タイトル詐欺!?」

 

そんなお声が聞こえてきそうですが、ちゃんと意味はあるんですよ^^

本日はそんな腹式呼吸ってなんでやるのか、

またそのトレーニング方法をご紹介します^^

 


スポンサーリンク

 

呼吸のコントロールは声のコントロール

声ってどうやって出ているか知っていますか?

人間の身体はものすご~く繊細構造をしていて、日常当たり前のように出している声は、実はすごく色んな要素が絡み合って出ているのです!

そう、まさに伝統芸能の職人技のような!!

 

少し興奮してしまいましたが、簡単にご説明しますね^^

 

声というのは、声帯という喉のところにある器官が振動することによって音になり……

まぁ、詳しくいくと細かくなってしまうので、ざっくりいうと、息をはく時に振動が起こって声が出てます。

 

つまり何が言いたいかというと……

「息をはく時に声になるんで、はく息をコントロールできないと、当然声もコントロールできない」

ということです。

 

当然、はく息をしっかり蓄えるためには、たくさん息を吸っとかないとすぐ苦しくなっちゃいますよね^^;

 

と、いう事で、

「たくさん吸えて、たくさんはける。しかもしっかりコントロールできる呼吸法が必要」

というわけですね^^

 

お! 察しの良いあなたなら、段々と腹式呼吸をやらないといけない理由とつながってきたんじゃないですか?

 

そう! そういう事です、つまり腹式呼吸をやらなければいけない理由というのは……

 

 

腹式呼吸は呼吸を最もコントロールしやすい呼吸法!

 

と、いう事です^^

 

呼吸を最もコントロールしやすいという事は、当然声もコントロールしやすくなります。

逆に腹式ではなく、「胸式呼吸(キョウシキコキュウ)」とかだと、呼吸のコントロールもやりにくく、また腹式呼吸ほどたくさん吸えず、たくさんはけないのです、

 

なので、腹式呼吸が必要な理由とは……

 

「呼吸を最もコントロールしやすく、また息をたくさん吸えて、たくさんはける呼吸法だから」

 

と、いうわけです!

どうです?わかりやすくないですか!?わかりやすいですよね!!わかりやすいって言ってください……

 

 

腹式呼吸のトレーニング方法

さぁ!腹式呼吸をやらなければいけない理由が分かったところで(勝手にわかったことにするんじゃない!って方はコメントやメッセージをくださいね^^)……

 

トレーニング方法をご紹介します!

 

と、その前に、腹式呼吸はどうなればいいのかご説明がまだでしたね^^

腹式呼吸というのは、

①息を吸った時におなかが膨らんで……

②息をはいた時におなかがしぼんでいく……

以上です!

 

これだけ!

注意点としては、動くのはお腹だけです。

良く起こってしまうのが、息を吸ったときに胸や肩が上に上がってしまう事。

腹式呼吸は動くのはお腹だけ!

これを覚えておいてくださいね^^

 

では、早速トレーニングです!

まずあなたが腹式呼吸ができているのか確認してみましょう!

 

お腹…へそのちょっと上あたりに手を置いてみてください。

可能であれば鏡の前でできるとすごくわかりやすいです。

 

で、息を吸って~

はいて~

また吸って~

はいて~

 

……

 

どうですか?

胸や肩は一切動かず、手を置いたお腹だけ動いていますか?

 

お腹だけ動いてるよって方、挙手!!

おめでとうございます、あなたはすでに腹式呼吸ができています^^

素晴らしい!

 

肩とか、胸とかガンガン動くんですけど……

という方は、まだ腹式呼吸にはなっていない可能性が高いです。

まぁまぁそう落ち込まずに!

伸びしろがあると思ってトレーニングをしましょう!

必ずできますから安心してください^^

 


スポンサーリンク

 

では、トレーニング方法です!

 

まず、仰向けで寝てくださーい。

あ、違います。おやすみなさいってことじゃないですよ!

 

いや、今電車に乗ってんだけど……

 

あ、そんな方は、できれば家に帰った後にやってみてください^^

電車でもできるトレーニングがあるんですが、まずは感覚を掴んでからの方が成長は早いです!急がば回れの精神でいきましょう!

 

 

では、気を取り直して……

①仰向けに寝転びます。リラックスしましょうね~

②お腹に手を軽くおいて、そのまま深呼吸してみましょう

 

どうですか?さっきはお腹が動かなかったけど、今は動いた!という方がいらっしゃるんじゃないでしょうか?

 

実は人間は寝ているときや、リラックスしているときは腹式呼吸になりやすいのです。なのでこの感覚を覚えましょうね^^

 

いや、tokoroさんよ、私寝てても腹式になってないんだけど……

 

そんな方もいらっしゃるかもしれませんね!

 

では、そんな方は、ちょっと確認。

仰向けに寝ているとき、腰の上あたりは地面についていますか?

浮いちゃったりしていないでしょうか?

 

ここが浮くとちょっとやりずらくなったりします。

その場合はタオルを丸めて入れるなどして、隙間を埋めてください^^

 

これで呼吸をしてみて、まだうまくいかない場合は、おそらく今まで腹式呼吸をやったことがない可能性があります。

感覚をお伝えしますので、頑張って少しでもお腹を動かしてみてください。

 

感覚としては……

①息を吸うときに、おへその下あたりに向かって空気を送り込むイメージで吸う

②置いた手で痛くない程度にお腹を押して、その手を押し返すように息を吸う

 

このようにして少しずつでいいのでお腹を動かしてみてください!

後は、この感覚を掴むまで、根気よくトレーニングをしましょう^^

大丈夫!必ずできます!

私は今までトレーニングをして最後まで腹式呼吸ができないっていう生徒さんを見たことがありません^^

気を楽~にして少しづつやってみてください^^

 

 

まとめると

 

腹式呼吸をやらなければいけない理由は……

「呼吸を最もコントロールしやすく、また息をたくさん吸えて、たくさんはける呼吸法だから」

 

腹式呼吸とは……

①息を吸った時におなかが膨らんで……

②息をはいた時におなかがしぼんでいく……

こういう呼吸法です!

 

腹式呼吸ができればいい声が出るというのは、ちょっと違う話。

ただ、腹式呼吸で呼吸のコントロールがしっかりできることが、良い声を出すための条件の1つである!

 

以上です^^

 

ぜひしっかりマスターしてくださいね^^

 


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA