鼻腔共鳴腔の特徴と使い方!やわらかい声やバラードには必須ポイント!

透き通るような美しい声……

聞きほれる優しくやわらかな響き……

これらの音色を奏でるにくいやつ……

そいつの名は……鼻腔共鳴腔!

 


スポンサーリンク

 

本日は3大共鳴腔が一つ、鼻腔共鳴腔のお話です。

この共鳴腔は美しい響きを出すためには必須の場所!

透き通るようなきれいな声を出そうと思ったら、ぜひこの響きにチャレンジするべきでしょう!

では、早速いってみましょう!

 

あ、共鳴腔って何?って方はこちらを先に読んでいただくとわかりやすいですよ^^

共鳴腔って何?響き・音色、共鳴腔が使えればすべて上手くいく?

 

鼻の響きが美しさを出す……

 

 

鼻腔共鳴腔ってどこにあるの?

 

鼻腔共鳴腔は、字のまま、鼻の奥の空洞の事を指します。

この図のように、鼻と喉はつながっています。

そのため、声帯でできた音をこの鼻の奥の空洞で響かせることができるのです!

 

 

鼻腔共鳴の特徴

 

さぁ、ガンガン行きますよ!

鼻腔共鳴の特徴です。

 

音色の特徴

 

鼻腔共鳴を使うと音にどんな変化が現れるかというと……

簡単に言うと「優しい音色」になります。

柔らかく、暖かい響きというとわかりやすいでしょうか?

 

そのため、バラードを優しく歌ったり、ポップスを優しく歌うような場面では、ものすごく力を発揮します!

逆に言えば、この鼻腔共鳴を使えないと、優しい響きやきれいな響きが出にくくなってしまいます。

 

高音発声で重要ポジション

 

実はですね、音程が上がっていくにつれて、身体の響く場所が変わっていくのです。

で、高くなるにつれて、どんどん響かせる場所は上がっていきます。

そのため、この鼻腔の響きが上手く使えないと、高音の発声が難しくなります。

 

高音をきれいに出せる方は、よく鼻の付け根(眉間のあたり)から音を響かせて音を抜く、というような技術を持っています。

 

これまた鼻腔共鳴のコントロールができるからこそなせる技です!

高音発声のためにも鼻腔共鳴、ぜひ覚えたいですね!!

 


スポンサーリンク

 

鼻腔共鳴の発声方法

 

さぁ!鼻腔共鳴の発声方法をお伝えします!

一緒にやってみてくださいね!

 

ハミング

 

ハミングという練習方法があります。

これは、簡単に言うと鼻歌です^^

 

少し実験をしましょう!

鼻歌を歌う感覚で、鼻から息を出して、

ん~~~~♪

と声をだしてみましょう!

 

この時、鼻を軽く触ってみてくださいね^^

 

ん~~~~~♪

 

どうですか?

鼻が少しビリビリと震えていませんか?

 

もし震えていなければ、何か共鳴を妨げている犯人がいるはず!

一番多いのが、力みです。

力を抜いて、リラックスした状態で、鼻からため息をつくくらいのつもりで、

ん~~~~~♪

と音を出します!

 

お? 震えましたね!震えたことにしましょう!

これがハミングです。

 

この鼻が震える感じが、鼻腔共鳴です。

鼻腔に響かせているから鼻腔共鳴! おお!わかりやすいですね!!

 

この感覚がつかめたら、今度はそのハミングのまま口を開けて声にしちゃいましょう!

そしてそのまま歌ってみてください!

 

あくまで、鼻が震える感覚を持ったまま歌うのです!

息をリラックスして柔らかく出す感覚も一緒ですよ!

 

・・・

・・

 

どうですか?

かなり柔らかく、優しい響きが出たんじゃないでしょうか?

 

これがあなたの鼻腔共鳴による響きです!

優しさの入り口が開けましたね^^

 

 


スポンサーリンク

 

本日は鼻腔共鳴についてご説明しました!

咽頭共鳴、口腔共鳴とはまた違った音色が出ることがお分かりいただけたと思います^^

このように、いろんな場所を響かせることができれば、声色の引き出しが増えて、いろんな場面で使えるわけです!

ぜひ、コントロールできるように、頑張ってみてくださいね^^

 

コメントを残す




CAPTCHA