アニソンの歌い方!熱く、高いアニソンをかっこよく歌う3つのコツ!

今や一つのジャンルとして人気の高いアニソン

でも、アニソンってキーが高いし、激しいしなかなか上手く歌えない……

ガンガンアニソンが歌えれば楽しいのになぁ……

そんな君の歌声に魂を宿らせるために……これを意識してみよう!!


スポンサーリンク

 

今やアニソンは一つの歌のジャンルとして人気がかなり高いジャンルです。

歌っていて気持ちいし、聴いていても、こうテンションが上がるし、とても良い曲が多いですよね^^

私もアニソンは大好きです!良く歌います!

 

しかし、アニソンってなかなか難しい曲が多いです^^;

キーは結構高めな曲が多いですし、テンポも速め(当然これだけではないですが)

だからこそ、アニソンをかっこよくキメるためには、コツがあるんです!!

 

本日は、そんなアニソンをかっこよく歌うコツを3つご紹介します。

 

あ、本日ご紹介するアニソンとは、アップテンポでキーの高い、ノリノリのアニソンに的を絞っています。

なので、しっとりと聴かせたり、キャピキャピっとする歌はまた今度ご紹介しますね^^

 

この記事を読めば、あなたの声に魂を込め、アニソンをガンガン気持ちよく歌えるようになる……かもしれませんよ!!

 

燃え上れ……俺のコ〇モ……!!

 

 

アニソンをかっこよく歌うための下準備

 

アニソンをかっこよく歌うためには、ある程度の下準備……つまりある程度の技術が必要になります。

 

実は最初でも少しふれましたが、アニソンって結構難易度の高いジャンルなんです^^;

そのため、最低限これだけはできるようになっておこうというものがあります。

それは……

 

腹式呼吸

リラックス

ある程度の喉開け

 

です。

 

実は、本日ご紹介する3つのコツは、この最低限できるようになっていてほしいこの3つとすごくかかわりがあります。

逆に言ってしまうと、この3つが全くできない状態だと、かなり難しい内容になってしまいます。

 

完璧でなくてもいいです!

なんとなくでも良いので、下準備としてできるようになっておきましょう^^

 

腹式呼吸については⇒腹式呼吸をマスターしよう!全ての声の基本は呼吸にあり!

リラックスについては⇒リラックスした発声とは?あなたも間違えているかもしれない脱力の話!

喉あけについては⇒喉を開く、開けるって何?喉を楽な状態で気持ち良い声をだそう!

 

また、日ごろからこういったことができるようになるには日常のトレーニングが必要です!

トレーニングについては⇒自宅でできるボイストレーニング!手軽で効果的な3つのボイトレ方法!

 

以上を参考にしてみてください^^

 


スポンサーリンク

 

アニソンをかっこよく歌う3つのコツ!

 

では、早速3つのコツに行ってみましょう!!

 

声・呼吸を安定させる

 

アニソンをガンガン歌うとき

アップテンポでキーが高めのため、思いっきり声を出して歌う場合が多いと思います。

 

その時です!

ちょっと想像してみてくださいね

歌声は安定していますか!?

 

安定というのは、自分でコントロールした歌声が出せているかどうかという事です。

声が大きくなったり、小さくなったり、音程をしっかり合わせたり、そういった安定まで意識が届いているでしょうか?

 

結構この部分で失敗されている方は多いんです。

アップテンポだし、キーが高いし……

声をとにかく出すことに一生懸命になってしまい、声を安定させることまで、余裕がなくなってしまう。

 

こうなると、せっかく歌っているのに、ただ声を出しているだけになってしまい、とってももったいないです!!

 

こちらの記事⇒安定した声を出すために!声が安定しない原因と3つの解決方法!でご紹介しましたが、声の安定とは呼吸の安定です。

 

ぜひ、呼吸を安定させて、声をしっかりコントロールしてみてくださいね^^

 

 

リラックスした声を意識する

 

これも声の安定と近いものがあります。

思いっきり歌う事に意識が集中しすぎてしまい、結果力みすぎ状態になってしまう場合が多くあります。

 

しかも、アニソンはキーが高い曲が多いです。

キーが高くなってしまうので、高い声を出そうと思いっきり力んでしまう……

これは実は逆効果なのです^^;

 

高い声こそリラックス

これこそが、高い声を出す秘訣の一つと言えるでしょう^^

 

必要なところだけ、必要なくらい力を入れる

余分なところは力を入れずリラックス~

 

ぜひ、これを心がけてみてくださいね^^

 

 

喉は開いた状態で……

 

3つ目は喉の状態。

先ほどのリラックスとかかわってきます^^

 

喉や肩まわり、首まわりに力がギュっと入ってしまうと、喉が閉まってしまい、高い声が出にくくなってしまいます。

高い声ほど、喉がしっかり開いていないと、綺麗に出すことは難しくなってしまいます。

 

肩まわり、喉まわりはしっかりリラックス。

そして、ちゃんと声の通り道は開けてあげましょう!

そうすることによって、高い声を出すときに、余計に喉を使わず楽に声を出すことができます^^

 

 

楽しく、気持ちよく、気持ちを込めて

 

3つのコツとして技術的なことをご紹介しましたが、最後に1つ追加させてください!

 

それは……楽しく・気持ちよく・気持ちを込めて!

 

技術的なことは当然必要になります。

しかし!せっかく気持ちのいいアニソンを歌っているのですから、この気持ちを込めるという部分を忘れず、気持ちよく楽しんで歌ってください!!

 

この部分を忘れてしまうと、技術的に歌えたとしても、少し物足りない歌になってしまうかもしれません^^;

 

あなたの魂を歌声に込めて!

技術的な部分に+αして、ぜひ気持ちよく歌ってくださいね^^

 


スポンサーリンク

 

コメントを残す




CAPTCHA