安定した歌声を手に入れるトレーニング!ブレスとノンビブラート

思いっきり歌っていて気持ちいいんだけど、なんか声が揺れる?

歌声がカクカクしていて流れるように聞こえない

なんとなく不安定……

そんなあなたの歌声は安定感が足りないかもしれません!


スポンサーリンク

皆様こんにちは、こんばんは!

本日は歌声の安定感のお話です。

「安定感」と一言にいってもいまいちピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、一言でいうとなんかわからないけど聞きにくいと感じる歌です。

歌声が常にゆらゆらしていたり、意図していない強弱などの抑揚がついてしまったり……

こういった「安定感」がないと、聞いていて「なんか聞きにくいな~」という感想を持たれてしまうことがしばしばあります

本日はそんな「安定感」を増すトレーニングのお話です。

今安定感がなくて困ってしまっているかたは、ぜひ本日ご紹介するトレーニングを行ってみてください!

意識をしてトレーニングをするだけで、すぐに効果が出る場合もありますよ!

 

 

安定感がなく聞こえる理由

まず最初に安定感がなぜないように聞こえてしまうかということを知っておきましょう!

敵を知ることで打開策をすぐに打てるようになりますよ!

ただ、自分自身の歌声というのは、自分が一番わからないものです

そのため、つらいですが、自分の歌声を録音して聞いてみましょう!(本当につらくなりますよね、自分の歌声聞くのって^^;)

そうすることで、自分自身の歌声がなぜ安定感がないのか知ることができます!

 

ブレスの安定感がない

原因の一つが、ブレスの安定感がない場合です。

声を出す際、必ず「息」を使います。

この息、つまりブレスが安定せずに使ってしまていると、それだけ声もブレてしまいます。

ブレスの安定感がない場合によく起こるのが、音の強弱が付きすぎてしまうパターンです。

歌い始めは「バンっ」と出してしまうため、最初の音が大きく、そのあとの音が小さい。また最初の音が出てくると大きくなってしまう。

ロックなどのガンガン声を出す歌い方が好きな方は比較的このパターンは多いです

 

ビブラートを使いすぎている

このパターンの方は、歌声のほとんどにビブラートが入ってしまっていて常に声が揺れてしまっているような状態です。

ビブラートにあこがれがあったり、独学で頑張ってビブラートを練習された方などに比較的多いものです。

ビブラート自体は素晴らしい技術なのですが、歌声すべてが揺れてしまっていたら、せっかくのビブラートも少しうるさく感じてしまうかもしれません。

そればかりか、ずっとゆれているため、声に安定感がないように感じてしまうこともあるのです。

 


スポンサーリンク

 

安定感を出すためのトレーニング

上記の二つを改善するようなトレーニングをご紹介します!

このトレーニングを意図的に行なってもらえれば、その安定感のなさはグンっと改善されるはずです!

 

同じボリュームで歌うトレーニング

これは1つ目にご紹介した、ブレスが安定しない方向けおトレーニングです!ブレスが安定せず、歌声のボリュームも安定しないことが多いです。

ブレスに意識を向けてもいいのですが、分かりにくいと感じる方もいらっしゃると思いますので、今回は「ボリューム」を意識してみましょう

最初は今までとは違うため、平面的な味気のない歌声に感じるかもしれませんが、最初はそれでいいのです!

まずは意識的にボリュームを変えず、一定で歌えるようになることをトレーニングしましょう!

その安定感が出せるようになったら、そこから強弱つけていく、という寸法ですね^^

 

ノンビブラートで歌う

ビブラートに慣れてしまったかたは、とてもつらいかもしれませんね^^;

実はビブラートに慣れてしまったかたは、ビブラートをかけようと思っていないところでもガンガンかけてしまうことがあります

これが先ほどご紹介した、いつでも声が揺れてしまっているパターンのことですね^^;

そのため、トレーニングとしては、逆にまったくビブラートをかけない! というトレーニングをお勧めします^^

これ、ビブラートに慣れて島しまっているかたは結構つらいんですよ^^;

このトレーニングも、最初は全くかけず、できるようになったら意識的に少しづつビブラートを入れていき、バランスをよくするということですね!

 


スポンサーリンク

 

いかがだったでしょうか?

本日安定感がなくなってしまう原因は本日ご紹介した2つだけではありませんが、この2つは比較的原因として多いものです。

ぜひ、参考にしてみてくださいね^^

 

声を出したらケアもしっかり!

おすすめケア商品ランキング

コメントを残す




CAPTCHA