説得力のある声、印象の良い声とは?声の方向性を意識しよう!

あの人はなんであんなにできるオーラがあるんだろう

あの人に言われるとなんか大丈夫に感じちゃう

……もしかするとそれは、声の力が大きいかもしれません!

 


スポンサーリンク

 

なんかやたらと説得力があったり、

最初の印象がすごくよかったり……

こういう人って身近にいませんか?

 

実はこういう人には共通点があることが多いです。

それは、声の力を有効的に使えていること!

意識しているのかしていないのかわかりませんが、とても上手く使っている方が多い印象です。

 

本日はそんな、説得力があったり、印象が良くなるような声の出し方についてご紹介します^^

 

声を変えるだけでワンランク上の存在に……

 

声の方向性

 

今日のタイトルにもつけているのですが、「声の方向性」

これって何?という方が多いと思います。

 

声というのは目に見えないものですが、必ず飛んでいる方向があります。

例えば、目の前の二人いて、どちらかに話しかけるときに、この方向性がしっかりしていれば、おそらく声をかけたほうが振り返ってくれるでしょう。

しかし、この方向性が上手くいっていないと、どちらも振り返ってくれないか、両方振り返るなど、「うまく伝わらない」という現象が起きてしまうかもしれません。

 

このように、声というのは、意識したほうに飛ぶようになっています。

しかしどうでしょう?普段話をする時に、声を飛ばす方向なんて意識されてますか?

 

おそらくほとんどの方が意識していないと思います。

つまり、ほとんどの人の声の方向が、よくわからないことになっているのです。

これはすごくもったいない!!

 

説得力や印象の良い声は相手に伝わる声

 

今度は説得力があったり、印象の良い声ってどんな声か少し考えてみましょう。

 

・・・・

・・・

 

この答えとしては、「相手にしっかり伝わる声」が一つの答えです。

当然これだけではないのですが、この伝わる声というものが土台になっていることは間違いありません!

 

では、逆に言えばです。

説得力がいまいちだったり、印象があまり良くない人の声はというと……つまりはこの逆、「相手に伝わりにくい声」という事です。

 


スポンサーリンク

 

伝わる声にするためには方向性を定める

 

今日の本題はコレです!

「方向性を定めて、伝わる声にしよう」ということです!

 

これ自体はそんなに難しいことではありません。

あなたの意識次第では今すぐできるようになります!

 

その方法ですが……

 

しっかり相手に向かって声を飛ばす

 

話相手に向かって声を飛ばす意識をしっかり持ちましょう!

なんとなく話すのではなく、伝える内容を相手に向かって飛ばすのです!

 

この意識はほとんどの人が持っていない意識だと思います。

しかし!だからこそこれを意識するだけで即効性があります!

ぜひ、今日から試してみてください^^

 

 

目線で意識する

 

声は意識した方向に飛びますが、比較的、目線の方向に飛びやすいです。

つまり、声を飛ばしたい方向をしっかり「視て」そこに飛ばすんだ、という意識をするだけで、そこにしっかり飛んでくれます^^

声を飛ばすという事がよくわからん!という人は、目線を意識されるといいでしょう!

 

 


スポンサーリンク

 

本日は声の方向性の話でした。

実際これを意識していなくても、説得力があったり、印象が良い伝わる話し声を出される方もいらっしゃいます。

そういった方は、今までの生活で無意識的に練習を積んでいる場合が多いです。

例えば接客業をやっていて、相手にしっかり内容を伝えようと努力していた、とかですね^^

 

つまり、今回の内容は、いわば意識の持ち方でいくらでも変わる内容になります!

ぜひ、すぐにでも使える内容なので、ガンガン使ってみてくださいね^^

 

コメントを残す




CAPTCHA