舌を鍛えると滑舌が良くなる?ただ鍛えるだけでは滑舌はよくならない!

滑舌をよくするためには舌の動きが重要

でも舌ってどうやって鍛えたらいいんだろう

そもそも舌を鍛えると滑舌ってよくなるの?

本日はそんなあなたに舌の鍛え方をご紹介しましょう!!


スポンサーリンク

 

滑舌というくらいだから舌が関係していることは想像できますよね^^

しかし、どのように関係しているのか、そもそも舌を鍛えるってどういう事なのか、

そんなことを考え出したらチンプンカンプン……もう迷宮入りです^^;

 

なので、今日は滑舌をよくするための舌の鍛え方……また、滑舌をよくするためにはどうすればいいのかをご紹介します。

 

では、今日もリラックスして行ってみましょう!!

 

今日は舌の筋トレですよ~

 

舌を鍛えると滑舌は良くなるの?

 

最初にバシッと結論を言ってしまいます!

 

舌を鍛えると滑舌が……

 

良くなる音とそんなに変わらない音がある

 

です。

 

( ゚Д゚)?

 

ポカンとされているのが画面越しに伝わるようです^^;

舌を鍛えると滑舌が良くなる音は当然あります。

しかし、別にそんなに変わらないという音もあるのが事実です。

 

なので、舌を鍛えておけばすべてオールOK!

という事ではないんです^^;

 

ただ、舌を鍛えないと良くならない音もあります。

その代表が「ら」行です。

日本人の多くはこの「ら」行が苦手と言われているんですよ!

舌を鍛えてデメリットはありません!

 

早速鍛え方を見てみましょう!

 

舌の筋トレ

 

さぁ、舌の筋トレです!

え?舌の筋トレってどういうこと?

 

舌の筋トレって単語になじみがない方がほとんどではないかと思います。

でも、舌を動かしているのは筋肉です。

舌はこの筋肉を鍛えればほかの部分のように鍛えられるんですよ^^

 

では早速……

 

舌をターン!

 

……あれですよ?ダジャレじゃないですよ?

書いた後に見返したらダジャレみたいになっていてちょっと恥ずかしかったです……

 

さ、さぁ本題!

早速やってみましょうね!

①舌を上あごにベタッとくっつけてください

②そのままギュ~っと吸い込んで力づよく上あごに舌を吸いつけます

③そのまま舌を上あごから離して……ターン!と音を鳴らす。

 

以上!

これをお風呂に入りながらでも一日10回くらいで良いです。

続けてみてください^^

 

 

舌を出して左右上下にふる

 

これはその字のままですね

①舌を限界までベっと出します。

②そのまま左右にふってみましょう

③次は上下にふってみましょう

 

以上です

これも、左右上下10回ずつくらいで良いですよ。

リラックスしながらやってみてくださいね^^

 

舌の使い方を覚えよう

 

舌の筋トレは疲れましたか?

これを毎日コツコツやっていっていただけると、必ず効果が出てきます!

ただ、毎日鍛えたとしても、うまく使えないと意味がありませんよね!

と、いう事で、舌の使い方というお話です。

 

例えば「ら」行

 

ら、り、る、れ、ろ

 

この発音をするとき、舌で上あごを叩いていると思います。

この叩く動きは舌の筋肉が弱いと弱くしか叩けないし、動きも遅くなってしまいます。

そのため、滑舌があまりよく聞こえない「ら」行になってしまうんです。

 

では、試しにやってみましょう

ら、り、る、れ、ろ

この音を発音するときに、いつもより舌をスピーディーに、強く動かしてみてください!

では、どうぞ!

 

・・・

・・

 

どうでしょうか?

「ら」行がはっきりとしたキレのある音になってきませんか?

上手く動かないとか、なんか動きが遅いという場合は、まだ舌の筋肉が弱いということですね^^;

 

このように舌をしっかり動かすことによって滑舌は変わってきます。

ぜひ正しく動かせるようなってくださいね^^

 


スポンサーリンク

 

本日は舌のお話でした。

舌というのは滑舌だけでなく、さまざまな部分に影響が出てきます。

舌の筋トレはなじみがなかなかないものだと思いますが、ぜひ今日からでも取り入れてみてくださいね^^

 

コメントを残す




CAPTCHA