声の小ささを改善!力まず声量をあげる響きの出し方と3つのポイント

声を大きくしたい!

がっつり声量を出して思いっきり歌いたい!

でもそうするとすぐに力んでしまって喉が痛くなってしまう……

こんな場合どうしたらいいの!?


スポンサーリンク

「声量をもっと上げたい!」

こんなご希望を持たれている方はかなり多くいらっしゃると思います。

ロックやアニソンはもちろん、バラードなどでもサビに声量がガッと上がってくるとかっこいいですよね!

でも、そんなガッと声量をあげようとすると、どうしてググっと力みが入ってしまったり、なかなかうまく声量だけあげるということができないという方も多くらっしゃいます。

本日は、そんな声量をあげるとき、力まずに声量をあげる方法と、その3つのポイントをご紹介します。

 

力まずに声量を上げたいですよね^^

 

声量をあげるとき力んでしまうのはなぜ?

声量をあげるとき、なんで力んでしまうのでしょうか?

この、なぜ力んでしまうのかがわかると、力まずに発声するヒントになります。

では、こんな想像をしてみてください。

歌ではなく、普段の会話で、声を大きくしようと思ったとき、どうやって声を大きくしますか?

・・・

・・

考えていただきましたでしょうか?

もし、この時喉の周りに力をぐっと入れて叫ぶような声を大きくする方法を想像された方は、もしかすると歌の時にも同じことされていかもしれません^^:

そう、声を大きくする=力を入れるという風に、声は力まないと大きくならないと思い込んでしまっていると、なかなか楽に声量をあげることができなくなってしまいます。

細かく言うと確かにある程度の力はおなか回りに入るのですが、叫ぶように喉の周りに力を入れるようなことをしなくても声量はあげることが可能です。

まずは、「声を大きくする=力み入れる」という考えを捨ててしまいましょう!

 

声を大きくする方法

では、どうやって声を大きくするのでしょうか?

それは、共鳴を大きくするのです

喉周りにちからを入れて叫ぶように声を出すと確かに声のボリュームとしては大きくなります。

しかし、これではただのうるさい声になってしまいます。

うるさい声と響く声の違いに関してはこちらご覧ください

大きい声と響く声は違う?うるさい声と心地よく通る声の違いとは?

 

うるさい声にならず、響く心地の良い声で声量をあげるためには、共鳴腔をしっかり広くして、響きを強くすることで達成できます。

共鳴腔をしっかり使うためには、リラックスして共鳴腔を広くしなければいけません。簡単な響く声の出し方についてはこちらをご覧ください

⇒【声量UP】声が細くて迫力がない…そんな時は〇〇だけで劇的改善!

 


スポンサーリンク

 

力まず声量をあげる3つのポイント

では、力まず声量をあげる3つのポイントをご紹介します。

この3つのポイントは、声の響きにとっても重要な3要素なので、ぜひ参考にしてみてください!

 

喉(咽頭共鳴腔)を広くする

一つ目の大事なポイントは、喉の奥(咽頭共鳴腔)をしっかり広くしておくことです。

咽頭共鳴腔というのは、

この部分ですね。

ちょうど風邪をひいて痛くなる喉の部分です^^;

この部分は広くなったり、狭くなったりします。

この部分をしっかり開けておくことができると、肺から上がってきた息や声帯でできた源音がスポーンと出ることができるので、声が太く、しっかりとした響きで出すことができます。

この部分を広くするコツは、あくびをする瞬間の感じ、上の奥歯を上にあげるようにするなど試していただけるとわかりやすいかと思います。

声を出すとき、この部分をある程度開けておくことがポイントです

 

ブレス(息)をしっかり出すようにする

声は息がないと出すことができません

そして、力んで声を出しているとき、この息が結構止まりがちになってしまいます。

そのため、意識的の声を出すとき、息をしっかり使うようにしましょう!

特に高音を発声しているときは、息が止まりがちです

高音の音域こそ、しっかり息をはくようなイメージで、ダイナミックに息を使ってきましょう!

 

姿勢を伸ばす

結構軽視されがちなのが、この姿勢です。

姿勢は声を出すときに非常に影響を与えます。

先ほど声は息がないと出てこないということをご紹介しましたが、この息をしっかり流すためには、正しい姿勢が一番です。

正しい姿勢とは、力みを入れすぎず、すっと背筋が伸びたような姿勢です。

高音を出すとき、どんどん背筋を伸ばしていくと、急に高音が声量がしっかりでたまま楽に出すことができるときがあります

これは、姿勢がよいことによって、声を出すために必要な要素がそろっている状態といえます。

「え~、姿勢なんて…」とバカにせず、ぜひしっかり伸ばして歌ってみてください!

きっといままで出したことのないような声が生まれますよ!

 


スポンサーリンク

 

本日は力まずに声量を出す方法と、その3つぼポイントをご紹介しました。

ぜひ、今声が小さい、大きな声を出すと力んでしまうという方は、試してみてくださいね!

 

コメントを残す




CAPTCHA