話していてよく聞き返される……聞き返されない話し方とは!?

とある居酒屋にて……

佐藤さん 「山田さん、最初の飲み物何にする?」

山田さん 「あ、じゃあカシスウーロンを……」

佐藤さん 「え、ごめん何だって?」

山田さん 「カシスウーロン……」

佐藤さん 「あ、あ~、カシスね」

はい、佐藤さん、山田さんありがとうございました^^

急に始まりましたが、こんなやり取り、経験したことはないですか?

 

これはアレですよ、佐藤さんがパワハラ上司で、

「最初はビールしか認めないよ!え?なんだって?カシス?聞こえんな~」

みたいな再現VTRな感じではないですよ(笑)

 

実は話し声でトップ5に入るお悩みに、

「話していてよく聞き返されてしまう」

というお悩みがあるんです。

 

今回は、この聞き返されてしまうのはなぜか、どうすれば聞き返されなくなるのかをお話します!

 

メガホンがなくても大丈夫!

 


スポンサーリンク

 

どうして聞き返されるの?

 

まず聞き返されてしまう原因を考えてみましょう!

 

 

 

声が小さい

 

声量、ボリュームの話ですね。

当然これも原因の一つです。

 

ボリュームの大きい声を出すというのは、苦手な方も多くいらっしゃいますし、この部分が原因になっている場合もあります。

 

しかし、このボリュームを頑張ってあげようとすると、無理に力んで声が枯れてしまったり、声は大きくなっても「良い声」ではなく、伝わらない声になってしまう可能性もあります。

 

聞き返される原因の一つではありますが、ボリュームを大きくする=聞き返されなくなるということでない場合もありますので注意が必要です!

 

 

滑舌が悪い

 

音としては聞こえているけど、滑舌が悪く何を言っているかわからないため聞き返されるというパターンです。

当然これも原因の一つですね。

 

音量やその他が問題なく、この滑舌だけが甘い場合はこれを直せば解決ですね^^

ただ、滑舌だけが悪いという方は、私の経験上あまりいらっしゃらないですね。

 

あと、自分は滑舌が悪い!と思っていらっしゃる方でも、実はそうでない方もいらっしゃいます!

なのでセルフジャッジだけではわからない部分かもしれません^^;

 

 

声量と滑舌。

2つ挙げてみました。

当然この2つは聞き返されない声を作るためには必要です。

しかし! 実はもっと簡単に、すご~く効果があるものがあります。

しかも、声を聞き返されてしまう方のほとんどがコレができていない方が多いです!

それは……

 

「声の方向!」

 


スポンサーリンク

 

相手に届ける声で伝わる声に

 

声というものは、「飛ばす方向」があります。

あ、目を凝らしても当然見えないですよ^^;

 

しかし、この飛ばす方向によって、声が相手に伝わるか否かが決まるといっても過言じゃないです!

 

では具体的にどうするか……

 

それは意識するしかありません!

 

実はですね、日本人のほとんどが、声を飲み込んでしまうクセを持っています。

声が前ではなく、後ろに飛ぶイメージです。

顔を横から見た図です。声の飛ぶ方向はこの矢印の方に行っちゃう感じです

 

このように声を出してしまうと、相手に伝わる声が出にくいんです。

なので……

こう!

 

前に飛ばすイメージで話しましょう!

で、ここが大切なのですが、声を前に飛ばし、その飛ばす先は、

「あなたが声を届けたい相手」です。

 

つまり……

「あなたの声を相手に届けるイメージで話せばよい!」

ということですね!

 

あら、簡単!

 

おそらく、相手に声を届けて話すという意識をしたことがある方は少ないんじゃないかと思います。

しかし、これをするだけで、「相手に伝わる声」になります。

 

聞き返されにくくなるだけでなく、「説得力」があがったり、「印象」が良くなったりと、良いことづくし!

実践しない手はないですね^^

 

 

自信をもって相手に声を届けよう

 

急に自身を持てと言われても難しいとは思います。

なので、少しずつで良いです、まずは、

「相手に向かって声を届けよう」

これだけで良いんです。

 

これが無意識でできるようになったころには、

「〇〇さん、良い声だね~」

と、言われてくるかもしれません^^

 

少しずつ少しずつ、段々自身もついてくると思います^^

相手に声を届けるというのはとっても気持ちがいいですよ!

すぐにでもチャレンジできることなので、ぜひ挑戦してみてくださいね^^

 


スポンサーリンク

 

コメントを残す




CAPTCHA