マイクを使うのになんで声が小さいとダメなの?マイク通りの良い声とは?

マイクの前で話すんだから、声は小さくてもいいですよね?

……先日こんなご質問がありました。

なるほど、なるほど、マイクを使ったら声が大きくなるから小さくてもいいんじゃない?ってことですよね^^

結論をお答すると……答えは、否!!

 


スポンサーリンク

 

いや、さすがに面と向かって否!!とは言ってませんよ^^;

でも、マイク前だから小さい声で話しても声は聞こえるからいいですよねっていう考え方はめちゃくちゃもったいない考え方です!

本日はそんなマイクと声のお話ですよ!

 

マイク使うのに声を鍛える理由なんてあるの?

 

 

マイクを使えば声は聞こえるけど……

 

この疑問は確かにもっともな疑問だと思います。

声が遠くに聞こえないからマイクを使って声を大きく聞こえるようにする……それであればわざわざボイストレーニングなんてしなくても、マイクのボリューム上げちゃえばいいじゃん!

 

ふむふむ……その通り!

声が聞こえるかどうかだけを考えるのであれば、間違いではありません!

 

え、じゃあボイトレの意味はないの?

 

いえいえ、ないわけではありませんよ^^

……実はですね、マイクはとっても素直なんです。

マイクがやってくれることは、あなたが出している声をそのまま大きくしてくれることです!

 

つまり、マイク前でボソボソ話していれば、ボリュームが大きいボソボソした声になりますし、

マイク前でしっかり話せれば、しっかりした声が大きくなります。

 

マイク前でしっかり話せないと、大きいボソボソ声になってしまうという悲しい結果になってしまうのです^^;

 

マイク通りが良い声

 

マイク通りが良い声、マイク乗りが良い声とか、そんな単語を聞いたことはありませんか?

これはどういうことかといいますと……

同じボリュームの声でも、声の出し方によってマイクを通した声の聞こえ方が違うというとです。

 

マイク通りの良い声とは、マイクを使った声が、響きがしっかり合って、聴きやすい声、という感じで考えていただければ大丈夫です^^

 

このマイク通りの良い声を身につければ、マイクを使って話した時に、

「あの人の声はすごくいい声だ!」

「素敵な声でうっとりしちゃう……」

と、なるわけです!

いや、なるはずです!

 

マイク通りの良い声になるためには

 

ここで、ボイストレーニングがでてきます!

おお、つながりましたね^^

 

そして、そのトレーニングは、普段話す日常の声を鍛えることにあります。

話し声の発声をしっかり響くように、通るように発声できること。

これがめちゃくちゃ大事です^^

 

いやいや、そんなこと言われても、すぐにでもマイク通りの良い声出したいんだけど……

OK!そんな人に、一つテクニックをお伝えします!

 


スポンサーリンク

 

マイクに向かって話さないこと

 

目の前にマイクがあると、そのマイクに向かって話してしまいがちです。

しかし! そうすると、ものすごく距離感が近く、マイク通りの良い声にはなりません!

 

スピーチで目の前に話すべき人々がいる場合は、その人たちに向かって……

収録などで相手が目の前にいない場合は、マイクの向こう側に対象を想像して……

 

とにかく、マイクに向かって話すという事をやめてみましょう!

話す相手はマイクの向こう側!

これをやってみるだけで、マイクの通りが良くなります^^

 

ぜひやってみてくださいね!

 


スポンサーリンク

 

本日は、マイクと声の関係についてお話しました^^

マイクを使うから、声は鍛えなくて良いというのは、もったいない考え方です。

 

マイクを使うからこそ、普段話す話し声をしっかり鍛えて、あなたの美声をマイクで大きくしてもらいましょう!

マイクはあなたの出した声のボリュームを大きくしてくれるだけです!

日々のトレーニングが、あなたの声を良くしてくれることは間違いないのです^^

 

 

コメントを残す




CAPTCHA