滑舌トレーニングの罠!口をしっかり開けて発声すると滑舌が悪くなる!?

滑舌をよくするためには口をしっかり開けて……

「あ」は口を縦に、「い」は横にしっかり……

ちょっと待って!そのトレーニングをやると、滑舌が悪くなるかもしれません!


スポンサーリンク

 

こんにちは^^

本日は滑舌についてご紹介します。

 

滑舌をよくするために口をしっかり開ける!

正しい口の開け方でしっかり開けて……

 

こういったトレーニングって聞いたことないでしょうか?

結構色々なボイトレ本であったり、スクールや養成所でやられているトレーニング方法なのですが……

 

実はこのトレーニング……滑舌をよくするつもりが逆に悪くなってしまうかもしれません!

 

本日はそんな口を開けるという事と、滑舌の関係についてご紹介します。

口をしっかり開けてトレーニングをされてるあなた!

また、滑舌トレーニングをこれから開始しようと思っているあなた!

ぜひ参考にしてくださいね^^

 

 

滑舌良く話すためには口を大きく開ける必要はない?

 

口を大きく開けるトレーニングは間違い?

 

ボイトレ本や、アナウンス学校、声優養成所などでよくみられる滑舌トレーニングが、「口をしっかり開けましょう」というトレーニングです。

 

母音(a,i,u,e,o)の口の開け方を覚えてしっかり開けましょうというやつですね。

 

「あ」は縦に開けて指2本くらいが入るように……

「い」は笑顔になったときのように横に引っ張って口を平に……

「う」は口をすぼめて前に……

 

と、いうように続いていきますが、つまりは正しい口の開け方でしっかり大きく口を開けましょうね、という事です。

 

このトレーニングですが……

私の意見で言えば、ほぼ反対です!

(人によってはありな方もいらっしゃいますが)

 

なぜかというと……

 


スポンサーリンク

 

滑舌が悪い原因は人によって違う

 

これは何でも言えることなのですが、結果として滑舌が悪いとい事だったとしても、

「滑舌が悪い原因」は人によって違います。

 

この部分を置き去りにして、口を大きくしっかり開ければ滑舌が良くなるというのはあまりに雑……ハッキリ言ってありえません!!

 

例えば滑舌が悪い原因として……

・普段から表情筋を使わず、筋肉が弱い

・口をほぼ動かさず話すクセがあり、唇筋が弱い

 

こういった原因で滑舌が悪い方には、口をしっかり動かすトレーニングは有効だと思います。

 

しかし……

・口を大きく開けるクセがあり、そのため筋肉を固く使っている

・口回りや舌に力を入れて発声をするクセがあり、そのため発声に滑らかさがない

 

こういった方に、「口をもっとしっかり開けて!」

というトレーニングをしたらどうなるでしょう?

 

想像するまでもなく、滑舌が良くなることはありませんね^^;

こういった方の場合、やるべきトレーニングは逆なのですから。

 

このように、滑舌のトレーニング=口をしっかり開けて!

というのは、一部の方を除いて結果が出にくいトレーニングなんです!

 

つまり、滑舌をよくするトレーニングをするためには、

「あなたがなぜ滑舌が良くないのか」

という原因を突き止めて、その原因を解消するトレーニングをやらなければいけないという事ですね^^

 

口を大きく開けるトレーニングは人を選ぶ

 

以上の事から、口を大きくしっかり開けるというトレーニングは人を選ぶという事がお分かりいただけたのではないでしょうか^^

 

あなたが表情筋や唇筋が弱い状態の方であれば、このトレーニングは悪いものではないかもしれません。

 

しかし、それ以外の方であれば、このトレーニングはもしかしたらマイナスに働いてしまうかもしれません^^;

 


スポンサーリンク

 

本日は口をしっかり開けるトレーニングについてご紹介しました。

ぜひ、参考にしてみてくださいね^^

コメントを残す




CAPTCHA