ダンディボイスを出すための3つの方法!あなたの声も今日からダンディ!

大人な男性の魅力を感じさせる低音ボイス

ダンディな男には必須なボイス

よし、声を低くして今日から俺もナイスミドル……ふふふ

 


スポンサーリンク

 

みなさんこんにちは、ボイストレーナーのダンディtokoroです……

……うん、無理がありますね^^; ゲッ〇!とか言っちゃいそうですし。

 

男性なら一度が憧れたことがあるであろう、良い声代表的存在、ダンディボイス。

でも、俺は声が高めだからちょっと無理だな……

そんなふうにあきらめてしまった方もいらっしゃるんじゃないかと……

 

でも……まだあきらめるのは早いかもしれませんよ!

 

今日ご紹介するのはそんなダンディボイスのお話です。

……

 

では、いこうか……(ダンディな声で)

 

今日も楽しもうぜ、相棒……

(注:私とは残念ながらまったく似ていないどこかのダンディです)

 

 

ダンディボイスとは?

 

ダンディボイスと聞くと、一般的に言われるのが、

・低い声

・落ち着きのある声

・響く声

こんな印象だと思います。

 

こういった声が良い声!カッコイイ!といわれ、男であれば一度は憧れるものです^^

 

では、このダンディボイスをもう少し掘り下げて考えてみましょう!

 

ダンディボイスの正体

 

ダンディボイスと聞いて、上でご紹介したような、イメージが出るかと思いますが、これをもう少し掘り下げて考えてみます。

そうすると……

 

低い声

 

声が低いこと。

声の高低は、その人の持っている声帯によって前後します。

そのため、今から地声が低い人になろうとするのは、あまり良いこととは言えません。(ただ、年齢を重ねると、声は低くなってきます)

 

「え、じゃあダンディボイス出せないじゃん!」

 

いえいえ、まだここからですよ!

地声が低くなくても大丈夫。

あなたの持っている声で、低い響きを作ればいいのです!

では、これは後でご説明するとして、次です!

 

落ち着きのある声

 

落ち着きのある声ってどんな声でしょ?

うーん……

 

こう具体的にしにくいですよね^^

 

じゃあ逆に落ち着きがない声ってどんな声ですか?

うーん、しゃべるのが早くて、声が裏返ったりしてまくし立てるような感じで……

 

OK!そこまでわかれば大丈夫!

つまりはその逆の声が落ち着きがある声です^^

 

話すスピードはゆっくりで……

声のボリュームが安定していて……

 

そんな声が落ち着きがある声と言えますね^^

 

響く声

 

これはとっても具体的!

そう、響く声です。

 

相手にしっかり届く声とも言い換えられますね^^

相手に届く声については⇒話していてよく聞き返される……聞き返されない話し方とは!?

 

響きがしっかり出せるためには、少しの意識と発声のトレーニングです。

 

 

ダンディボイスとは声の低さだけではない

 

今ご紹介したことでわかることがありますね……

そう、ダンディボイスというのでは、声の低さだけの問題ではないのです!!

 

①声が低く聞こえ

②落ち着きがあって

③良く響く

 

この②と③に関しては、声質は関係ありません!!

そして①に関しても、ある程度は発声の仕方で声は低く響くようになるのです!

 

どうですか?あの日あきらめたダンディボイス、なんだかいけそうな気がしてきたんじゃないですか!?

 

ダンディボイスの出し方

 

では、具体的にダンディボイスを出すやり方をご紹介しましょう!

 

低い声の出し方

 

あくまであなたの声の中で低い音が出ればいいです。

無理して低い声を出そうとする必要はありません。

無理をすればするほど声が響かなくなり、ダンディからは遠ざかってしまいます。

 

コツは、胸から声が出るイメージです。

胸に口があるようなイメージで、声を出します。

注意点としては、低い声を出そうとすると、喉を締めて声を出してしまう方がいます

必ず呼吸をながして、胸から声を出すイメージで声を出してみてください!

 

・・・

・・

 

どうですか?ちょっと声が低くなったダンディな声が出始めていませんか?

 

さぁ、この調子で次です!

 

スピードを遅くする

 

話のスピードを遅くします。

つまり、さっきやった胸から声が出るイメージのまま遅くするのです。

そうですね、たとえば、

 

「むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました」

というかの有名な冒頭があります

 

これを読んでみましょう!

 

さっきの胸から声をだして、そしてスピードはゆっくり読みます。

スピードを落とすというのは結構難しいので、

「遅すぎるんじゃない?」

くらいのつもりで読むと、ちょうどよくなるかもしれませんよ^^

 

 

声の響きを出す

 

さぁ、最後の仕上げです!

今の2つをより響かせてみましょう!

 

まずこちらの記事を参考に喉を楽にあけた状態にして~

喉を開く、開けるって何?喉を楽な状態で気持ち良い声をだそう!

 

そしてこちらの記事の声の方向を意識します!

話していてよく聞き返される……聞き返されない話し方とは!?

 

そうすれば声の響きはかなり出るはず!

コツは余計な力みを入れないこと!

 

さぁ、これで準備は整いました!!

 


スポンサーリンク

 

ダンディボイスを出してみよう!

 

さぁ、今日のおさらいであり、あなたがダンディボイスを手に入れる瞬間が来ました……

さっきのあの、かの有名な冒頭を思い出してください。

 

「むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました」

 

これを今日ご紹介した3つの事を意識していってみましょう!

さぁ……どうぞ!

 

・・・

・・

 

OK!見事だ!最高だぜ兄弟……(ダンディに)

 


スポンサーリンク

 

本日はダンディボイスについてのご紹介でした。

これであなたはダンディな男に一歩近づいた……はず。

ぜひチャレンジしてみてくださいね!

コメントを残す




CAPTCHA