大きい声を出すために ~大きな声で話ができない原因を知ろう~

大きな声を出せません……

声をはって話すということができません……

このお悩みは実はものすご~く多いお悩みなんです!

そう、お悩みランキングトップ5には必ず入ってくるほどの!!(※当社比)


スポンサーリンク

 

本日はこのお悩みランキング上位ランカーである、

「大きな声を出す!」というテーマでお話します^^

気持ちよく大きな声を出せるようになりましょう!

 

今日も力を抜いていきましょうね~

 

大きい声がでない原因を知ろう!

 

大きい声が出ないと一口に言っても、人によってその出ない原因は違うものです^^

まず、あなたが大きい声が出ないのはなぜなのか考えてみましょう!

 

大きい声を出すための技術や筋力がない

 

あなたは普段大きな声を出す瞬間はありますか?

大人になればなるほど、大きな声を出す瞬間はなくなっていくことがほとんどです。

大きな声を出すということをやらなければ、当然その声を出すためにどうしたらいいのか、またその大きな声を出すための筋力が付かないという事になってしまいます。

 

そうなると、当然大きな声は出せないという事になってしまうのです!

 

大きな声を出すことへの不安や恐怖(メンタル)

 

不安や恐怖……なんて少し大げさに書きましたが、つまり

「大きな声を出すことに対する抵抗」

という事です。

つまりは、メンタル的なお話ですね^^

 

声とメンタルはつながっているので、このメンタル的な部分が原因で大きな声が出ないという事は当然あるのです。

メンタルとつながっているよっていう詳しいお話は⇒声と心、メンタルはつながっている!~最初に知ってほしいこと~

 

このメンタルな部分が原因なのにそれに気が付かず技術のトレーニングをやって……

「頑張って発声練習をやっているのになかなか声が出るようにならない……」

という方は残念ながら結構いらっしゃるんです。

 

なので、大きい声がでない=発声練習という考え方は危険なのです!

 

 

大きい声を出す技術、メンタル両方の場合

 

上でご説明した、技術の部分とメンタルの部分、両方が原因の場合です。

「え~、俺、両方っぽい。結構きついな(´Д`)」

 

いえいえ、実は一番多いのがこの両方のパターンなんです。

なぜなら、最初こそ、どちらかが原因で声が出なかった場合でも、そのまま改善せず放置しておくことで、両方が原因の状態になってしまうからです。

 

少し想像してみてください。

 

例:Aさんの場合

Aさんは技術的な原因で大声を出すことができませんでした。

そうなるとAさんは心の中で「自分は大きな声が出せないんだ」と思い込んでしまいます。

……1年後、スポーツやら筋トレやらいろいろ経験して声を出すための筋肉などが付いてきました。

しかしAさんは「俺は大きな声を出すことができない」と思い込んでいますので大きな声を出すことができませんでした。

 

このAさんは、もともとは技術的や筋力的な意味で大きな声が出せませんでしたが、それが引き金となって、「俺は大きな声が出せないんだ」と思い込んでしまいました。これはメンタルな部分です。つまり、

技術的な原因がメンタルな原因までを作ってしまったというわけです!

 

これは逆も同じです。

メンタルが原因で大きな声がでなければ、ずっと大きな声を出さなくなります。

そうすると、だんだん大きな声を出すための筋力は衰えてしまいますし、大きな声の出し方もわからなくなってしまうのです。

 


スポンサーリンク

 

大きな声をだす方法は?

 

自分に合ったトレーニングをしましょう!

まず自分の声が出ない原因を知り、その上で「自分に合ったトレーニング」をする必要があります。

 

技術的なことが原因な人、メンタル的なものが必要な人、また両方のトレーニングが必要な人、その人それぞれメニューが異なってきます。

このサイトは色んなケースを想定してご紹介していますので、参考にしていただけると嬉しいです^^

 

例えば

技術的な呼吸の話⇒腹式呼吸をマスターしよう!全ての声の基本は呼吸にあり!

技術的な発声の話⇒話していてよく聞き返される……聞き返されない話し方とは!?

メンタルな話⇒心の状態は声の状態 ~自分のストレス解消方法を見つけよう~

 

他にもいろいろご紹介していますので、ぜひあなたに必要なものを参考にしていただければと思います^^

 


スポンサーリンク

 

 

コメントを残す




CAPTCHA