大人っぽい声で話すコツ!声を出す方向を変えてみよう!

普段の話し声がなんだか子供っぽく感じる…

若く見えるのは良いけど、もう少し大人っぽく話してみたい…

そんな時は声を出す方向を変えてみましょう!


スポンサーリンク

 

「〇〇さんはかわいい声だね~」

「〇〇さんの声は若く聞こえるよね~」

周りからみていると、なんだかうらやましいワンシーンですが、実は結構言われている本人はコレに悩みを持っていることがあるんです。

若く見える、かわいいということは、メリットも当然あるのですが、逆に言ってしまうと「幼く見える」「説得力、威厳などはなかなか感じられない」といったデメリットも潜んでいます。

プライベートな場面であればよいのですが、仕事の場や、プレゼン、発表などは、少し威厳のある大人っぽい声を出したい、という方も多くいらっしゃるのです。

本日はそんな、大人っぽい声を出すためにはどうしたらいいかをご紹介します!

 

 

なんで幼く聞こえるの?

どうして幼くなってしまうのでしょうか?

実は、声の響きの場所に関係があるんです!

モノマネ芸人さんや声優さんなどは、色々な音色の声を出しますよね?

あの声はどうやって出しているかというと、声を響かせている場所を変えているんです。声を響かせる場所を変えることで、実は様々な声色が出せるようになります。

そして、響かせる場所によって、その場所の特徴があり、鼻の方に響かせるとこんな声、口の方に響かせるとこんな声、というように、聞こえ方がガラっと変わってくるのです。

少し話がそれますが、歌を歌うときもこの響かせる場所がすご~く重要になります。そのため、いろんな響かせる場所を練習するために、色々な練習法があるわけですね^^

ご興味があればこちらでそんな練習法の一つをご紹介しています⇒共鳴腔を自在に使うコツをつかむ!声を出さないボイトレ法

さて本題!幼く聞こえてしまう声は、実は「鼻」に強く響いていることが多いです。

芸能人の方で言うと、ゆうこりんの愛称で有名な小倉優子さんの話し方はこの鼻の方にすごく響きが入った話し方をされています。

かわいらしく聞こえるのですが、大人っぽさとは少し違って聞こえますよね?

鼻の方に響きが行くと、かわいらしさや幼さが出て、大人っぽさからは遠ざかってしまうのです。

 


スポンサーリンク

 

大人っぽい声の出し方は前に飛ばすイメージ

では、どうやったら大人っぽい声が出るかというと、鼻ではなく、口から声を飛ばすイメージを持つと、声が大人っぽくなります。

鼻にかけるような声ではなく、口からまっすぐ相手に向かって飛んでいくようなイメージをして話して見てください!

では、少し練習してみましょう!

そうですね、「おはようございます」という挨拶で練習してみましょうか!

では、いつもの鼻の方に響きが行った話し方ではなく、口からまっすぐ前に向かって声が出るイメージで……「おはようございます!」

・・・

・・

どうでしたでしょうか?

いつもと声の感じは変わったのではないでしょうか?

あとは、この声をいつもの日常会話に入れていくだけです!

大人っぽい声で会話できる日は近いですよ!

 


スポンサーリンク

2件のコメント

  • さっくさくーでごさいまするww

    あの、私、歌い手を目指していて、【悪戯センセーション】という曲を歌ってみたんです。
    よかったら聴いてください。「さっくさくーでごさいまするww」と調べると出てきます。

    それで、萌え声や大人っぽい声を出したいんですけど、まだ子供ですので、子供でも出せるような大人っぽい声の解説お願いします!

    • tokoro

      コメントありがとうございます!
      歌い手さんを目指しているんですね^^
      さっそく【悪戯センセーション】を聴かせていただこうと思ってお名前を検索したのですが、なぜか出てきませんでした^^;
      もしよかったらURLを教えていただければ聴かせていただくので、教えてください^^

コメントを残す




CAPTCHA