高音をきれいに出す!喉の開け方とそのコツ!キーワードは「奥歯」

高音をきれいに出すために!

「喉を開ける」という単語はよく目にすると思います

本日はそんな喉の開け方のコツを伝授!


スポンサーリンク

高音をきれいに歌うために必須とも言われる技術が、喉を開けるという技術です。

このサイトでもご紹介を何度かしてきましたが、本日は喉を開けるための技術として比較的わかりやすい方法でご紹介させていただこうと思っています。

キーワードは「奥歯」です!

早速ご紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね!

 

奥歯を意識して喉を開けてみよう!

 

喉を開けるための感覚はたくさんある

「喉を開ける」というお話はこのサイトのほかの記事や、他のサイトでも多数紹介されています。

いろんなサイトを見てこられた方が、最初に思う疑問が、「このサイトとこのサイトで言ってることが違うんだけど……」というものかと思います。

私も最初、ものすごく疑問でした。同じ人が紹介しているサイトでも、記事によって言っていることが違う、ということもありましたので^^;

しかし、先にお伝えさせていただくと、例えばこの「喉を開ける」ということをやっていただくために伝える方法も、ものすごくたくさんあるのです。

と、いうのも、この筋肉を動かして~というご説明は、はっきり言って余計な混乱を生むだけであまり効果がでないことが多いんです。

喉の周りの筋肉は、動かそうと思ってうまく動いてくれる筋肉たちではありません。耳とかの筋肉と一緒ですね

そのため、その筋肉が結果動いた「感覚」に頼ることになるわけですね

なので、喉を開けるという結果を起こすために、さまざまな言い方をします。

感覚はその人によって違いますから、自分がビシっときた感覚でやれれば一番よいということです。

本日ご紹介するのはその中でも、比較的わかりやすい感覚をご紹介します!

 


スポンサーリンク

 

奥歯を上にあげる

では、さっそくやってみましょうか!

今日のキーワードは「奥歯」です。

特に意識してほしいのは、「上の奥歯」です!

この上の奥歯を上に開けます。上側の奥歯が、下の奥歯から上に離れていく感覚ですね!

ではやってみてください!

・・・

・・

いかがですか?

奥歯がグワっと開くことによって、喉の奥も開くことができます。

その奥が開いたまま、声を出してみましょうか?

あ~~~~~~~

・・・

・・

ちょっと太いというか、深い声になりましたか?

そうです、その喉が開いた声がよい発声の入り口ですよ!

あとは、その喉が開いたまま歌っていけばよいわけですね!

では、その奥歯を開けたまま、なにか好きな歌を歌ってみてください^^

・・・

・・

OK、いい感じじゃないでしょうか

これだけじっくりとやると、この発声方法が、いつもの発声と少し違うという感覚に気づかれているんじゃないでしょうか?

その感覚をぜひ歌う前にもって見てください!

これだけであなたの声はぐっと変わってきますよ!

 


スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す




CAPTCHA