緊張して上手くできない…… 緊張しない方法は〇〇してみよう!

普段が大丈夫なんだけど、人前で何かを発表したり、スピーチしたりするのが苦手です……

 

こういうお悩みを持っている方はすっごく多いんです!

これを改善するためにはどうしたらいいんでしょう?

発声方法を変える?

声を大きく出してみる?

 

いえいえ、発声方法という技術の部分を変えるだけでは、おそらくこの問題は改善できません。

少しは良くなるかもしれませんが、乗り越えなければいけない壁がありますよね!

 

それは……

 

「緊張」

「緊張してお腹が~!!」

 

 

本日はそんな緊張の話です。

安心してください、このとんでもなく手ごわい敵にも負けないための方法はあるんです!

 

本日は実際にあなたが緊張をする場面を想像しながら読んでいただくとすごくわかるかもしれません。

ぜひ、想像してみてくださいね^^

 


スポンサーリンク

 

緊張するときってどんな時!?

 

緊張ってなんでするんでしょう?

最初にこの部分を考えてみましょう!

 

では……

あなたが緊張をする場面はどんな時ですか?

 

・人前でスピーチをする

・会議でプレゼンをする

・好きなあの子に告白する……  等々

 

他にもいろ~んな場面があると思います。

それこそ、あいさつをすることでも緊張をする方もいらっしゃると思います。

 

人によって場面は違うのは当然ですね^^

しかし、しかしですね。

これ、場面としては共通点があるんです。

何かわかりますか?

 

……

 

その共通点とは……

「失敗したくない場面」です

 

どうですか?少し思い当たる感じはありますか?

さらに深く掘り下げますよ~

 

 

緊張する考え方をしてしまう?

 

さらに深く掘り下げると、またまた共通点が出てきます。

ではここで再度質問です!

 

「あなたは緊張をするとき、頭の中で「何を考えていますか?」

 

想像してみてくださいね^^

 

……

 

……想像していただきましたか?

 

さぁ、何を考えていましたか?

おそらく……

 

・失敗したらどうしよう……

・上手くいかないかもしれない……

・あの人は私のことをどう思っているんだろう……

 

こんな感じのことを考えていませんか?

そう、この考えこそが、緊張する原因なんです!

 

緊張をするときのほとんどが、頭の中で「ネガティブ」な事を考えています。

「失敗するんじゃないか~」

「あの人に良く思われていないんじゃないか~」

とかですね。

 

この緊張するネガティブな考えことが緊張の原因!

大事なことなのでもう一度!

緊張する原因は……

「頭の中でネガティブなことを考えてしまうから!」

です!

 

つまりこの考えにとらわれなければ、緊張してつらい……という状態がかなり楽になるという事ですね!

 


スポンサーリンク

 

緊張しないためには、緊張するときの逆をやるべし!

 

ちょっと意味がわかんないっす( ゚Д゚)?

 

はい、ご説明しますね^^

先ほどご説明した通り、緊張するときは、頭の中でネガティブなことを考えちゃってます。

なので、この原因を変えちゃいます!

 

頭の中で考えることを、ネガティブ⇒ポジティブに変換してみてください!

そうですね、例としては……

 

結婚式のスピーチを頼まれたあなた!

ついに本番です!では、どうぞ~!

この時に……

 

「あああ~、噛んじゃったらどうしよう! 失敗したらどうしよう! 何とかうまくやらないと……」

 

こう考えてしまったら、もうあなたの身体は緊張に支配され、呼吸さえ自由にできなくなってしまいます。

あのドキドキ感……手は汗だらけ、背中もびっしょり……

キツイですよね^^;

 

さぁ、変換してみましょう!

ネガティブな考えでなければなければなんだっていいんです!

明確な正解はありません。自由に考えてみてください!

 

……

 

考えられましたか?

 

では、例えばということで、何個か私であればという例を出してみますね^^

 

「あれだけ練習してきたから大丈夫だろう!まぁ、噛んだら噛んだで後で笑い話になるかもしれないし、思いっきりやろう!」

「上手くやる必要はないな!そんなことより気持ちを相手に伝えられるように心を込めよう!」

「スピーチが終わったらあの酒が飲めるぞ~!」

「このスピーチをかっこよく決めて、新婦友人のあのかわいい子に話しかけよう!

 

と、まぁ何でもいいです(笑)

上2つは真面目な考えですが、必ずしもこうでなくてもいいんですよ。

下2つくらいの気持ちでOKです!

どうせ何を考えてるかなんて自分以外はわかりませんから(笑)

 

「ネガティブに考えてしまいそうなところをポジティブに変換する」

この考え方にぜひチャレンジしてみてください!

 

 

緊張をおそれないで上手く付き合おう

 

緊張=悪というわけではありません。

程よい緊張感が最高のパフォーマンスを生み出すという話もあります。

 

緊張を全くしないという人はいません。

というか、全く緊張をしないということは、少し言葉が悪いかもしれませんが、その内容に真剣ではないんだと思います^^;

ほら、松岡修造さんも言っていました。

「緊張をするということは、君がそれだけ本気なんだ!生きてるんだ!」

みたいなことを。(以前聞いたことを思い出して書いたので、多分文言は違います。ご容赦を^^;)

 

私は的を得ていると思います。

というか、松岡修造さんの言葉はメンタルトレーニングの塊です。

おそらくかなりのトレーニングを積まれてきたんでしょう。

 

緊張することを恐れないで、うまく付き合ってみてください。

そのための方法として、「ポジティブに変換する」

 

最初は難しいと思いますが、だんだん慣れてきます。

そうすれば、あなたは緊張をコントロールすることもできるようになります!

 

なんでも結構です!

あなたなりのポジティブ変換を見つけてみてくださいね^^

 


スポンサーリンク

 

コメントを残す




CAPTCHA