あなたは感覚派?それとも理論派?お互いのメリットデメリットとは

感覚派理論派……

この2代派閥は相容れない水と油のようなもの。

血で血を洗う闘争が今日もどこかで繰り広げられている……

……

 

こんにちは、tokoroです。

感覚派とか理論派とか、聞いたことありませんか?

なんか文字にしたら派閥みたいになって面白かったので、なにかの映画ナレーションのような入りをしてみました(笑)

 


スポンサーリンク

 

でも、闘争まではいかないまでも、議論はよくあるんですよ!

まぁ、血で血を洗うような場面は見たことがありませんが(笑)

 

本日はそんなお話です。

あなたの隠された派閥が明らかになるかもしれませんよ!

あ、今日ご紹介する内容はあくまで私の感覚でのお話です。ご了承ください^^

 

今日も飲み物でも飲みながらリラックスしてどうぞ~

 

 

感覚派とか理論派って?

 

人には個性があるように、考え方も違います。

で、何か物事を考えるときに、「どういう風に考えて行動するか」というところも、人によってそれぞれです。

 

腹式呼吸を覚えるときに……

【感覚派】

・息をお腹の方にスーって入れて、お腹の方からフーってはけば腹式呼吸なのね、わかった!

 

【理論派】

・丹田あたりに向かって空気を入れるように吸うと横隔膜が下がるから腹式の呼吸で息が吸えて、おなかの筋肉を使って支えを作りながら息をはくことで横隔膜を上に押し上げて腹式の呼気ができる……わかりました!

 

こんな感じで違います。

当然ここまでしっかりしたものでない場合も多いですが、簡単に言えば……

何かを覚えるときに、

「とりあえずやってみて、後は身体が覚える」という人は感覚派

「どういうことなのか理解してからやりたい」という人は理論派

と、ざっくり分けられます。

 

「だからなんなのさ?」

 

実はですね、この自分のタイプを知っておくと得することがあるんです!

と、いうのは、この感覚派、理論派、どちらがいいというものではありません。

が、それぞれメリットとデメリット……つまり長所と短所があるんです^^

 

 

それぞれのメリットとデメリット

 

感覚派のメリット

 

・まずやってみるの精神なので、瞬発力がある。

・やってみて自分の感覚に合っているとものすごく伸びが速い

・細かいことを考えないので、やり始めはすごく伸びる

 

感覚派のデメリット

 

・瞬発力はあるが、考える前に行動してしまうので、うまくいかなかった時に方向転換できない

・自分の感覚に合わない場合どのようにしたらいいか迷ってしまう

・やり始めの伸びは早いが壁にぶつかると突破が難しい

・感覚で理解しているので、調子に左右されやすい

 


スポンサーリンク

 

理論派のメリット

 

・物事を理解してから始めるので壁にぶつかっても修正できる

・自分のやるべきことを考えているので、失敗が少ない

・調子に左右されにくい

 

理論派のデメリット

 

・先に理解しないと進めないので、やり始めに時間がかかる

・理解しながら進むので、グンっと伸びずらい

・ちょっと固い人に見える

 

 

こんな感じでしょうか。

あ、最初にも書きましたが、あくまでこれは私の統計論です。

「俺はそうじゃない!」という意見もあるかもしれませんが、お許しください^^;

 

 

どっちがいいという事はないけど……

 

どちらもメリットデメリットがあるように、どちらが優れているという事はないです。

ただ、相性というものはあります。

 

例えばこんな例を考えてみてください。

 

感覚派ボイストレーナーAさん

理論派生徒Bさん

 

ボイストレーナーA:では、高音の発声の仕方です。高音は、こう、頭のてっぺんから声が出るようなイメージで、ビャーっと出します。思いっきりビャーっと出してみてください!

理論派生徒Bさん:ん? 頭のてっぺんからビャー?

ボイストレーナーA:そうです、頭の上に声をぶつけて、頭から声が抜けて飛んでいくようなイメージでビャーっと出します!

理論派生徒Bさん:???

 

もう、悲劇以外何でもないです^^;

でも、実際こういうことはよくある話なんですよ。

自分のタイプと相手のタイプがかみ合わないと、相手の言っていることが分からない、理解できないという事はよくあります。

 

これはレッスンの場だけの話ではなく、日常生活でもよくあることなんですよ!

「〇〇さんの言っていることは意味が分からない」

「〇〇さんってなんであんなに回りくどいのかしら」

これはもしかしたら、あなたとタイプが違う相手だからこそ、理解できないのかもしれませんね^^

 

 

知ると得する自分のタイプ

 

と、いうことで、本日は人のタイプ?派閥?のお話でした。

このタイプを知ることで、理解できないことでも、

「あ、この人は自分とタイプが違うだけで言っていることはこういう事なんだ」

と、少し優しくなれるかもしれません^^

 

あ、でもレッスンを受けるような場では、自分と同じタイプの人に受けたほうが良いと思います。

そのほうが理解が速いので、レッスンを受ける場合は相手のタイプを探ってみましょうね^^

 


スポンサーリンク

 

コメントを残す




CAPTCHA