声の酒焼けって本当にあるの?アルコールは声に悪いって本当?

お酒を毎日飲む人は酒焼けしたガラガラした声になっちゃう!

アルコールは声に悪いから飲まないほうがいい!

よく耳にする「酒焼け」

これって本当にあるのでしょうか?

 


スポンサーリンク

 

本日はアルコールと声の関係についてお話します^^

これを読めばお酒が好きな人も救われるかもしれない!?

 

お酒は楽しく飲みましょう~♪

 

 

お酒を飲むと声が枯れる?

 

飲み会の翌日……

声が枯れていたり喉が痛かったり……

あぁ、やっぱりお酒を飲むと声が枯れちゃうんだな~

 

こんな経験は結構多くの方があると思います。

 

飲んだ翌日に声が枯れる=お酒は声に悪い

 

でもちょっと待ってください。

その声枯れは本当にお酒のせいなんでしょうか?

 

ちょっとお酒を飲んだ昨日の晩を思い出してください……

楽しかったですか?

いっぱいしゃべりましたか?

カラオケで熱唱しましたか?

 

実はですね、この楽しい時間にこそ落とし穴があるのです!!

 

アルコール自体が声を枯らしているわけではない

 

アルコール自体が声に悪いというわけではありません!

 

これが今日お伝えしたいことの一つです。

先ほどお伝えした落とし穴……お酒を飲みながらの楽しい時間こそが、声を枯らす原因なんです!!

 

察しのいいあなたはなんとなくわかってきましたか^^

そう、アルコール自体が声を枯らしているわけでなく、アルコールを飲みながら、やってしまうことが原因です!

思い返してみてください^^

 

・飲みながらだと声が大きくなる

・居酒屋は空気があまり良くない(タバコ等)

・飲みながらカラオケで大声をだして熱唱してしまう

 

どれも声が枯れる原因になります^^;

 

「ん?ちょっと待って、そんなことならお酒を飲まなくても盛り上がれば大声になるよ?」

「私、カラオケに行けば飲まなくてもいつも絶叫だよ?お酒を飲んだ時ほど枯れないけど……」

 

こんな疑問が沸いた方はいらっしゃいますか?

その通りです! 同じ行動を普段していても、お酒を飲んだ時ほど声は枯れないですよね^^

 

では、その理由をお伝えします!

 

お酒を飲みながらだと声が枯れやすくなる!

 

お酒を飲みながら大声などをだすと、声は枯れやすくなります。

それはどういうことかというと、こんなメカニズムなんです。

 

アルコールを飲むと、血液のめぐりが良くなります。

顔が赤くなったりしますよね?

身体の中では声を出すための声帯も充血しています。この充血状態は腫れやすい状態です。

 

そして、アルコールを飲むと身体の水分が持っていかれ、乾燥してしまいます。

声帯も乾燥してきてしまうんです。

 

声帯は粘膜です、乾燥状態は最悪なんです!

 

さぁ、こんな乾燥した充血状態の声帯です。こんな時にダメージを与えてしまったらどうなるでしょうか?

……答えはわかりますね?

ダメージの入り方は通常時の何倍です!

 

ダメージというのは、大きな声でしゃべったり、熱唱したり、することです。

つまり、アルコール+カラオケで熱唱なんていうのは声帯からしたらもうすごいことです。

声帯に対して痛恨の一撃です!(古い)

 


スポンサーリンク

 

アルコールと声の関係は、お分かりいただけたでしょうか^^

 

酒焼けは慢性的な声枯れ

 

では本日の主題です。

結論を言いますと、「酒焼けというものはない!」です

 

ただ、これは、酒を飲むだけで声が枯れるという意味での酒焼けの話で、毎日お酒を飲みながらしゃべるような方は、結局慢性的に声枯れを起こしてしまう方が多いです。

 

スナックなどの商売をされている方の声が酒焼けと言われるのはそのためでしょう。

毎晩お酒を飲んでお客さんとしゃべるわけですからね^^;

声帯のダメージが抜けて治る前に、お酒を飲んで話してしまうわけですから、声枯れがずっと続いてしまうというわけです。

 

 

お酒を飲むときに気を付けること

 

最後に、お酒を飲むときに声を守るためにやっていただきたいことをご紹介します^^

 

こまめに水を飲む

声帯にとって乾燥が最悪です。

こまめに水を飲んでなるべく乾燥させないように気を付けましょう!

また、こまめに水を飲むことで、酔い覚ましにもなりますので、まさに一石二鳥!

 

大声を出さない

お酒を飲むと大声になってしまいがちですが、なるべく声は抑えましょう^^

先ほどお伝えした通り、アルコール+大声のコンボが最悪なのです。

お酒を飲んでもクールにいれば声枯れは最小限にとどめられるはず!

 

カラオケはほどほどに

飲みながらのカラオケは盛り上がりますよね^^

わかります、すっごくわかるんですが、声帯にとってはこれ以上ないくらいダメージが深いです。

なので、声のことだけを考えるのであればなるべく控えたほうが無難です。

でも、どうしても行きたい!となったときは、歌う曲数を減らしましょう。

可能であればしんみりとバラードでもどうでしょうか?

 


スポンサーリンク

 

本日は酒焼け、アルコールと声の関係についてご紹介しました!

声をいたわりつつ、お酒はほどほどに楽しみましょうね^^

 

 

コメントを残す




CAPTCHA