リラックスした発声とは?あなたも間違えているかもしれない脱力の話!

先日こんなご質問をいただきました。

高い声や大きな声を出すときって、ちゃんとした発声法なら力を入れなくても出るんですよね?

なるほどなるほど、このご質問には色々な要素がありますね^^

リラックスは大事です。しかし……リラックスのやり方を間違えると声がうまく出ないかもしれませんよ!


スポンサーリンク

 

発声の際、リラックス、脱力することが大切!とよく言われますよね^^

これは、間違ってはいないのですが、このリラックスとか脱力という意味を誤ってとらえている方が結構いらっしゃるようです^^;

確かに、結構わかりにくい分野でもあるんです、リラックスって。

 

なので、どこよりもわかりやすいと言ってしまっているこのサイトとしては、この間違いがちな脱力についてわかりやすくご紹介しなければ!と思ったわけです!ええ、大丈夫わかっていますよ、勝手な使命感だって!

 

と、いうことで、本日はリラックス、脱力のお話です。

この記事を読んでいただければ正しい脱力、リラックスというものがどんなものかわかるはず^^

 

 

リラックスすることは大事ですよ~♪

 

 

リラックス・脱力が大切なわけ

 

リラックスや脱力はとっても大切!と、言われるわけですが、それはなぜでしょう?

なんとなく大切なのはわかるけど、なんでかはよくわからない、そんな方もいらっしゃると思います^^

最初にこの部分をご紹介します

 

声が響かない・通らない

 

声の響きのお話ですね^^

例えばですね……遠くの人に呼び掛けるため、大きい声を出そうとしたとき。

結構多くの方が、

「おおおおおおおい!」

と身体に頑張って力を入れて声出される場合が多いです。

 

実は、声を響かせたり、通る声にするためには、この力みは逆効果なんです。

 

このサイトでよく登場する太鼓です。

この太鼓はバチで叩くとドーンとすごい音がします。

しかし!この叩く部分を手で抑えたまま叩くとどうなるでしょう?

 

……ボスッと情けない音に変わってしまします。

これは、この叩く部分を手で押さえたことによって、振動がなくなり、響きが抑えられてしまったからです。

 

人間の身体も同じことが起こります。

力んでガチガチの状態は、この太鼓の叩く部分を押さえている時と同じように、身体中押さえられているようなものなのです!

つまり、声は響きません!

 

そのため、逆にリラックスをして、脱力をすることが大切なのです。

 

負担を減らす

 

力んで声を出す場合、必ず声帯にかかる負担が、リラックスしているときより大きいです。

想像してみてください。

力いっぱい怒鳴ったり、ギャギャー騒いだりした後って、声枯れてませんか?

 

普段リラックスして話したり、リラックスしたまま歌ったりした後は、そんなに声は枯れないと思います。

 

このように、声に対する負担も全然違うのです!!

 


スポンサーリンク

 

正しいリラックスとは?

 

さぁ、リラックスが必要理由がわかったところで、今日の本題です。

正しいリラックスについて。

 

身体中脱力して……は間違い!

 

実は、この脱力やリラックスを誤ってとらえてしまっている方が結構いらっしゃいます。

色々なところで、

「脱力が大事!」「脱力をしないと良い声が出ない!」「とにかく力を入れない!」

というようなことが言われていますので、「力を抜かなきゃ!」という意識が強くなりすぎてしまっている場合があります。

 

実はこうなると逆効果。

なぜなら……

 

声を出すためには力みが必要!

 

だからです。

 

おいおい、意味がわからないぞ!さっきまで脱力が大事って言っていたじゃないか( ゚Д゚)!!

 

その通りです!なので、ちゃんとご説明しますね^^

 

声は筋肉を動かさないと出ない

 

発声は筋肉運動です。

筋肉によって、目当ての声を出すため、息をすったり、はいたり、おなかをつかったり……

色んな部分を動かすわです。

 

なので、筋肉を動かさないで声を出すというのはあり得ないのです!

言い換えれば、声を出すための筋肉に力を入れないと声は出てくれないんです!

 

もっとわかりやすく言っちゃえば……

最低限の力みは絶対に必要!

という事です!

 

力を入れるべきところにはしっかり入れる!

 

つまりはこういうことですね^^

声を出すためには、最低限の力みは必要です。

しかし、とにかくリラックスしなきゃ!と勘違いをされてしまっていると、必要な所にも力が入らず、結果力のない声になってしまうんです。

 

まとめます!!

 

「最低限の力みは必要!力を入れるべきところにはしっかり入れて、必要のない余分な力は入れない!必要な力み以外はリラックス!」

 

これが結論です!!

 


スポンサーリンク

 

本日は正しいリラックスについてご紹介しました。

リラックスしすぎで声が上手く支えられない、力の入った声が出ないという方は結構いらっしゃいます。

あれ?もしかして……と思った方は、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

 

コメントを残す




CAPTCHA