筋トレをしすぎると声は出にくくなる?

「筋トレをしすぎて腹筋が固くなると、伸びのある声が出にくくなる」こんな話を先日ひょんなことから耳にしました。

腹筋やその他筋肉が固くなるから声に伸びがなくなるとか……

 

筋トレで声がでなくなる?

 

筋トレをして声が出にくくなることはほぼない

もう結論を先にお伝えしてしまいますが、筋肉が原因で声が出にくくなるようなことはほぼあり得ないです。

おそらく、この内容を考えるに、腹筋を固くしすぎたり、首回りが固くなりすぎる=柔軟性がなくなって声が出にくくなる、というようなことが発信源なのかと思いますが、筋肉が付く=発声の際に固くなる、ではありません。

 

筋肉が弱いと発声にも影響はある

むしろ逆な話なのですが、筋肉が弱い事によって、発声に影響が出ることはあります。

これは主におなか周りの筋肉ですね。腹式呼吸、発声の支えなど、この辺りはやはり腹筋をしっかり使います。そのため、腹筋が弱かったり、使い方が上手くいかなかったりする場合は、発声に影響が出ることはあります。

 

力みには注意

筋肉があることは問題ではありませんが、力みのクセがある場合は話は別です。声を出すときに力任せに「うおおおおおお」というものは良い発声にはNGです。

心地よい発声のコツは、省エネ運転です。エンジン(筋力)は大きくても全く構いませんし、むしろOKなのですが、燃費の悪い運転(力む発声)はNGですよ^^

 

筋トレはバンバンやってOK

声が出にくくなりそうで筋トレをしていないという方がもしいらっしゃったら、もう気にせずガンガンやってください!

声を出すには筋肉を当然使います。また、その筋肉によって声が出なくなることもまずないです。

「声が出にくくなっちゃうから筋肉を付けないように……」というのは大きな誤解ですよ!

 


スポンサーリンク

 

コメントを残す




CAPTCHA